ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

音楽

まだまだリハビリ中

前回とほとんど同じようなタイトルってどうなんだろうか あ〜これ読んだな、なんて飛ばされちゃうかもしれない ま、でも辛気臭い内容だから、それはそれでいいのかもしれない そんなワケで俺はまだリハビリ中なのだ 心は100%の回復状態になっていない(100%…

ただいまリハビリ中

そろそろブログを更新したいな、と思っているのになかなかできないでいる ネタが無いというのでもない ネタなんか無くたっていくらでも書けるワケだし 結局そこはモチベーションと誠意の問題なのかとは思う いや「誠意」なんて言うと大袈裟だが、自意識との…

さよならエディ

エドワード・ヴァン・ヘイレンが10月6日に亡くなりました(享年65) …なんて俺、モロに世代なんですが、実はあんまりよく知りません もちろん、大ヒットした「ジャンプ」は知ってますよ(1984年) あの当時、楽器屋のキーボード・コーナーでは代わる代わるい…

雑草魂 The Soul

小学6年生の時の夏休みの自由研究で 俺は近所の雑草を写真に撮って名前を調べるという事をクラスで発表した 今でも覚えているのは「オオバコ」くらいだが これがまた不評で、というか笑われて 無駄に恥ずかしい思いをしたワケだ そりゃ動機は雑草への興味と…

20年前っていったら相当前よ

現在のロックポップス等の大衆音楽については国内外問わず、とんとご無沙汰だ 年齢の問題か、全く興味も湧かないし、聴いても良いと思えない 最近では僅かにキング・ヌーがちょっと良いかも、と思ったくらいだ(娘がファンで毎日のように家で聞こえていた) …

追悼 エンニオ・モリコーネ

イタリアの映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネが7月6日に亡くなった 享年91 500本以上の映画音楽を担当したというんだから、超が付くほどの巨匠だ マカロニ・ウエスタン映画『続・夕陽のガンマン』のテーマ曲はとても有名 映画は観たことなくても、この曲…

モドキの話

動植物の名前に「モドキ」とついているのがいる ただ単に似てるからってのもあるだろうけど、虫だと生存のためだったりもする 動植物の進化の神秘 でも植物だと「本物」を知っていないと、「モドキ」と言われてもピンと来ない 調べてみると「モドキ」と付く…

車掌と蕎麦についての独り言

先日昼メシを食いながらYouTubeで山下達郎と大瀧詠一の対談*1を聴いていた するとその中で大滝詠一が、子供の頃に将来は鉄道の車掌になりたかったと話していた オモチャの車掌さんセットでよく遊んでいたそうだ 実は俺も子供の頃に漠然とではあるが、将来は…

鳥よ、鳥よ

今、野鳥が流行っているのだろうか 愛読しているブログで、おふたりの方が立て続けに野鳥を扱っていたのだ そう、そして俺も数年前から野鳥を見るのがナゼだか好きになった 野鳥と言っても、大自然の中で双眼鏡を使って、なんていう本格的なものではない ス…

同い年の人たちの話

他人の年齢を数えるときの基準としては 自分 家族 などとなる 俺は昭和40年の1965年生まれで、同い年の人で知っているのは 奥田民生 中森明菜 尾崎豊 吉川晃司 岡村靖幸 ネットで調べたらもの凄い数がいたのでもうやめておくが、あえて付け加えたいのは早生…

僕の好きな先生

5月2日は忌野清志郎の命日で、今年は11回忌である このブログを始めてから、有名人の命日に反応するようになった ネタ探しなんだろうか、無意識の… そして今日がキヨシローの命日だったと思い出して、特にネタもないのに書き出した、という訳だ さて何を書こ…

全く知らなかった三つの訃報

今月先月と、志村けんや岡江久美子などの有名人が亡くなったが、欧米でも有名ミュージシャンが3月に亡くなっていた 残念ながら日本ではあまり有名ではないせいか、週刊誌や新聞はもちろんヤフーニュースみたいなものでも取り上げられなかったようだ(たぶん…

今夜、何処かへ

シェイクスピアの命日は西暦1616年の本日4月23日 それで生年はというと1564年だから、おそらく享年52 なぜ「おそらく」なのかというと、なんと誕生日も本日の4月23日であろうとされているからだ(諸説あり) 日本では戦国時代と呼ばれる時代、室町幕府が末期…

音楽の授業ってどんな感じだったっけ

曰く、「音楽」とは「音を楽しむ」と書くのに、学校で習う音楽は全然楽しくない それは「音学」で「音が苦」だ、、、 今でもこんな事を言う学生はいるのだろうか そもそも「音楽」の「楽」はそれだけで「音楽」の意味だから、文句の付け所が違う、出直して来…

ふるさとの歌

ポール・サイモンに「アメリカの歌」という曲がある 1973年リリースで、原題は “American Tune” ソロ後のポール・サイモンの代表曲のひとつと言われている 代表曲どころか、一部では第二のアメリカ国歌などと呼ばれているらしいけど、本当かな オバマ前大統…

夢に出てきたトッド・ラングレン先生

ここ最近よく聴いていたのはトッド・ラングレンのユートピアだった ソロじゃなくてユートピア ソロの方は割と頻繁に聴いてるが、ユートピアを聴いたのは久しぶりなのだ 自身の中でソロとユートピアと、どういう区別がされているのかは知らない ユートピアは7…

マーク・アーモンド来日記念

先月はよくマーク・アーモンドを聴いていた とはいってもソフトセル時代から最近のソロ、また様々なミュージシャンとのコラボに至るまで、発表されている膨大な作品全てに通じている訳でもなく、それどころかその半分程度しか把握してはいないが そこはYouTu…

やっぱりビートルズかもしれない 映画『イエスタデイ』を観て

映画『イエスタデイ』を観てきた 普段あんまり映画なんて観ないんだけど、何でもいいから映画館で映画を観たくなったのだ 何かと話題な『スターウォーズ』とも思ったが、十代の頃に最初の三つを観たっきりなので、結局今回も敬遠してしまった さて『イエスタ…

新年の買い物発表2020

安いからといって、いつ読むのかも分からない本を次々と買うのはやめよう、と去年決心していた そのためにはまず第一にそんな中古ショップには行かないようするべき、と決意したのだが、何しろ大して行く所などない田舎暮らし、結局はそちらに足が向く ああ…

80年代日本のインディロックを視聴する

最近プリンスの『パープル・レイン』を聴いている これは1984年の大ヒットアルバムなので、若い方も結構聴いたことがあるんじゃないだろうか 当時はそりゃもう大ヒット中だから、そこらじゅうから聞こえてきたものだった とか言いながら、俺はそんなに好きで…

9月の追悼集

これをシリーズ化するつもりは全くないけれども、今月はどうした訳か個人的に気になっていた人たちの訃報が立て続けにあったので書いてみることにした まずはリック・オケイセック カーズ(The Cars)というアメリカのニューウェイヴ・バンドの中心人物で、…

90年代のDavid Bowie

デヴィッド・ボウイの代表曲のひとつ "Space Oddity" は1969年の発売だから、今年は50周年記念となる訳だ(乾杯) この悲劇の宇宙飛行士トム大佐を主人公とした歌は、17歳でレコードデビューして鳴かず飛ばずの五年間を経てようやく出た初のヒット曲であった…

80年代のDavid Bowie

先日実家に帰った時、物書き小屋に昔買った雑誌「宝島」と「フールズ・メイト」が一冊ずつ埃にまみれて落ちているのを発見(何故そんなところに落ちていたのかは不明) 手に取ってみると、それぞれ1983年(昭和58年)と1984年(昭和59年)の発行 どちらにも…

ラジオの効用について少しばかり

先日友人から、最近いろいろとある聴き放題の音楽配信物はやってないのか、との問いに「聴く時間が無いからやってない」と答えたら笑われた その直前に「今は初期のクラフトワークをまとめて聴いてる、ずっと聴き続けるのはキツイけど」、なんて言ったところ…

トム、ルイ・ジョーダンを歌う Tom Sings Louis Jordan

アメリカのアニメ『トムとジェリー』のDVDが我が家には何枚かある 日本語吹き替えじゃなくても、字幕が無くても、大人じゃなくても楽しめる おまけにどこかノスタルジックで、アメリカの古き良き時代を感じさせるし、俺がテレビで観てた子供の頃の昭和時代も…

The Art Party アートいろいろ

かつてジャパンというバンドがあった メンバー間の不和で解散してしまって、しかもメンバーのひとりは死んでしまった まあそれはともかく、1981年のシングルで "The Art of Parties" というタイトルのかっこいい曲がある ところでこの「パーティの芸術」って…

1973年のあれこれを個人的に 

なぜ1973年なのかは後ほど説明するけども、というのはほとんどオチに近い事だからなんだけど、いやそれをオチと呼んでいいのかすら分からないんだけど、まあそこは読者の方々にお任せするとして、いずれにせよその年は日本では昭和48年、個人的には小学2年生…

ドゥルッティ・コラムのライヴ盤 The Durutti Column / The Live At The Venue, London

先日ザ・ドゥルッティ・コラム、1983年リリースのライヴ盤『The Live At The Venue, London』を手に入れた これは発売当時4000枚限定として出たもの 現在はiTunesなどからダウンロードできるようになっている ドゥルッティ・コラムは1978年に結成され、翌年…

がんばれナイジェル ナイジェル君は私だ

もう今となっては結構前(2018年2月)のニュースですが… 今から約40年前、ニュージーランドのマナ島というところに環境保護活動家らが、カツオドリそっくりのコンクリート製の模型を80体ほど設置した 本物のカツオドリが仲間と間違えて引き寄せられて、その…

最近買った掘り出し物を自慢気に見せびらかすことをしてみよう

ブックオフにて我が目を疑う程の掘り出し物を購入した まずはCDから ご覧のように、俺が住む地域のブックオフでは滅多にお目にかかれないラインナップに興奮(ひょっとしてどこの地域も同じようなものかもしれないが) 取り敢えず上の4枚を即購入した 全て1…