ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

さすがの俺らも狼狽える これもまたしがない接客稼業の、あるあるのひとつだ

俺も接客業というものに就いて30年近くなる

年に何度かは失敗したなと思う事があるし、数年に一回くらいはとんでもないモンスターに当たる

大小モンスター問題はホントに疲れる

 

こちらが悪い場合はそれでも早急の沈静化に努めはするが、相手が悪いとなるともう開き直って早く終われと祈るだけ

どちらにせよ、あまり深く考えないようにしなければならないと思う

そうでなくたって心が折れそうになるんだから

 

個人的には、そんなに思い悩む価値のある事だとは思っていない

言いたい奴には言わせておけばいいさ

そんなんでアンタは周りにどう思われてるのかな、って感じだ

 

なんてところなんだけど…いやあ俺も今まで恥ずかしながら、何回かは客を怒らせたことはあったけど、今回の様に泣かせたのは初めてだ

つい先日の事

さすがの俺も(いや、大した「俺」じゃないけども)心が折れた

 

朝一番に父・母・娘が来店した

両親ともに60歳位、娘は高校生くらいだろうか

たまたま近くにいた俺が接客、娘の要望を聞き、これこれこんな感じでどうでしょう、と対応

特に物を売ろうとはせず、この程度の事なら買い替えるには及ばない、と説明

ま、口幅ったい言い方だけど、良かれと思って、ね

 

ところがそれに母親が噛みついた

曰く「この店員は物を売るつもりはないのね」

う~ん、だってそれ程の事じゃないし、そもそも買うつもりだったら最初に言ってよ…

それを汲んでやれなかった俺にも非があるけどさ(そんな程度の販売員だけどね)

 

でもまさかそんな事も言えないから、心の中では腹を立てるというより呆れつつも、一応謝罪して仕切り直そうとする

でももう母親はヘソ曲げちゃって、もうどうにもならない

頼みの旦那は無言のままだし

 

そう、それで娘が俺に申し訳なくなって泣きだしちゃったのだ

一生懸命、俺に謝るのよ(別にいいのに、優しいんだね)

となると俺も母親への謝罪の言葉が、余計に娘を悲しませる事になる

 

たぶん、娘は俺への申し訳無さもあったんだろうけど、何より自分の母親のモンスター振りを目の当たりにしてショックだったんだと思う

身近な人のダークサイドなんか誰も見たくはないもんだ

俺(店員)への悪口を言いたいなら、店を出てからの事にすれば良かったのに

 

f:id:s-giraffeman:20190413064014j:plain


 

あのあとあの三人はどんなだったんだろうか

笑顔で昼飯は食えたのかな

多感な年頃だし、あんな事でギクシャクしなけりゃいいけどね

それにしても、あの父親も父親だ

何か気の利いた一言も無かったのかね

 

母親はひとり足早に店を出て、娘は泣きながら一礼して外へ

最後に残った父親は、振り向きざま俺に向かって手で「ゴメンな」とやって店を出て行った