ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

田舎の中古ショップでテリー・キャリアーを購入する Terry Callier

俺が暮らしているところは、結構な田舎である

それでも県庁所在地なので、まあどうにかなっているのだが…

しかし、仕事で週に2回ほど行かなければならないその町は、一応「市」とはなっているものの、この後進県の中でも更に後進的な地域だ

 

そこでの仕事帰りはいつも、職場近くにあるブックオフに立ち寄るのだが、な、な、なんとそこでテリー・キャリアーの『What Color is Love』(1973年)を購入、280円であった

こんな田舎にも俺の同志(もしくは先輩)がいただなんて

 

s-giraffeman.hatenablog.com

 

テリー・キャリアーとの出会いは割と最近の事で、3年前に有線で聴いたのが初めてだった

職場の有線チャンネルを「ソウル」にしてみたら、スモーキー・ロビンソンだのサム・クックだのオーティス・レディングだのに交じって、何やらソウル・R&Bとは異質な音楽が流れてきた

なにこれ、と思って調べてみると、曲名「Dancing Girl」、そしてテリー・キャリアーという初耳の名前

 

ホワット・カラー・イズ・ラヴ

 

アコギ中心の9分もある大作で、爪弾くギターと囁くような歌声にストリングスが絡んで、徐々にグルーヴィーな展開となり、ヴォーカルもそれに応じて狂ったようなファルセットとなって、最後は嵐が過ぎ去ったかのように終わる

 

少し突飛な連想だが、ソロになってからのデヴィッド・シルヴィアンみたいな感じがしたし、あとこれも突飛ながら、テレビ『深夜食堂』の主題歌、鈴木常吉の歌う「思ひで」(名曲!)も思い出した

 


Terry Callier | Dancing Girl

 

暫くしてからベスト盤を購入し、すっかり虜となった

他の曲では「What Color is Love」が「Dancing Girl」と同じ感触でシビれた

ちょっと驚いたのが、「Ordinary Joe」という曲

これは俺が10年くらい前に入手したコンピレーションCDの中に入っていた、好きな曲だったのだ

歌っている人のことまで考えていなかったよ、一生の不覚 

   

結果そのベスト盤にはかなり満足して、これは全キャリアを追いかけて行くべきだな、という気持ちになった

しかし、あれから早2年以上、俺のテリー・キャリアーはベスト盤のまま止まっていたのだ

 

そして遂に代表作を購入

しかもこんな田舎で

嗚呼、人生は思わぬところにラッキーが潜んでいるものだな、全く!

 

この度購入したCD、上記「Dancing Girl」も「What Color is Love」も収録されているのだが、なんと日本盤であり、帯には小西康陽のコメントも載っている

何故「なんと~」なのかと言えば、全然聞いたことのない名前で、一風変わった音楽の感じだったので、日本発売などされた事がないと思い込んでいたのだ

初めて聴いたのが有線だったというのも忘れて…

 

図々しくも、俺が発見発掘したシンガーソングライターかのような気になってたよ

帯に小西康陽のコメントって…やっぱりそれなりの人だったんだね、納得

 

 

テリー・キャリアーは残念ながら今は故人である

1945年シカゴ生まれ(同郷のカーティス・メイフィールドやジェリー・バトラーとは幼馴染)

1965年にレコードデビュー、それから6枚のアルバムを制作するも83年に引退

しかし90年代より、アシッドジャズなどクラブシーンからの再評価が高まり、98年遂にカムバック

テリー・キャリアーはカムバックしたわけじゃない

ずっと現役だったのをぼくたちが忘れていたのだ

小西康陽(帯のコメントより)

その後、数枚のスタジオアルバムとライヴ盤を制作、べス・オートンやマッシヴ・アタックらとのコラボなど精力的に活動した*1

2012年、癌により逝去、享年67歳

 

(敬称略)

 

*1:2004年と2009年には来日公演もあった模様 残念、観たかった…