ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

ふたつの ”Juju” が出会うとき

先日ブックオフで、ウェイン・ショーターの『Juju』*1を500円にて購入

ずっと欲しかったアルバムだ
 
ずっと欲しかったんなら、レアなもんでもあるまいしAmazonででもとっとと買えばよかっただろ、なんていう意見もあるかもしれないが
違うのよ、ブックオフなんかで安く売っているのに出会うのが楽しいわけよ
 
コルトレーン 脱退後のマイルス・デイヴィス・グループに加入し、マイルスの右腕的存在となり、マイルス・グループ脱退後はウェザーリポートで活躍したテナーサックス奏者である
俺が知ってたのはこの程度
調べてみると、キャリアスタート時はメイナード・ファーガソンやアート・ブレイキーのバンドにいたらしい
 
 
ま、それはともかく、『Juju』ね、想像以上に良かった
マイルス・グループでも、カッコいい曲を提供してたから、ある程度の期待はしてたんだけど
俺はモードジャズの何たるかを全く理解していないが、そんな俺でも感じるカッコよさ
 

ジュジュ+2

 
ところで、このアルバムが欲しかった理由というのが、われながらしょうもない
スージー&ザ・バンシーズの大傑作アルバム『Juju』*2と同じタイトルだからなんだ
このバンシーズのアルバムは高校生の頃に繰り返し聴いた青春の1枚なのだが、今でもよく聴いている
 
曲、演奏など全般的に素晴らしいんだけど、とりわけギターのジョン・マクガフ*3が素敵なんだ
派手なソロなんかは無いけど
とりあえず1曲目の「Spellbound」は必聴
 
 
このふたつの『Juju』、お互いに関連性は全く無い
ただ単に俺が、この2枚のアルバムを並べて置いてみたいってだけ
 
まあ言ってみれば、元巨人軍の江川卓の『たかが江川されど江川』とロシア文学者・江川卓(たく)の『謎とき「罪と罰」』を並べて本棚に置いておきたいという欲望と同じだね
 

f:id:s-giraffeman:20181215015927j:plain

並べてみたけど、どうってことはなかったね

 
ところで、人気歌手でJujuという人がいる
同じJujuということで、一応調べてみた
何となく雰囲気がバンシーズのボーカル、スージー・スーに似てるような気もしてきたので(上の動画参照)、ひょっとして密かにファンであり、アルバムタイトルから芸名をつけたのか、なんて思いついたからでもある
 
そしたら何とビックリ仰天
その芸名はウェイン・ショーターの『Juju』からとったものらしいのだ
そっちかよ…
 
特に終わり方は考えていなかったが、思わぬところからオチが降ってきた
この世はまだまだ捨てたものじゃないな
 
(敬称略) 

*1:1964年

*2:1981年

*3:John McGeoch (1955~2004) 日本語表記に諸説あり 最近「ジョン・マッギオーク」と決まりつつある模様 でもここでは俺の高校時代の通名「マクガフ」にしておく 「マッギオーク」に馴染むまで時間がかかるな