ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

倒産(つぶれる)まで 23:閉店延期と逡巡継続

いろいろあったようで、結局いつも通りだった9月が終わり、どうにか10月に突入できました

ありがた迷惑な気持ちにすらなっていますが

 

9月いっぱいで退社するといった社員は、11月末までいてくれることになりました

よって店舗閉店も11月まで延びるという事になった訳です

でも、大家側には3月までの契約としたので、12月以降はどうなるのやら

 

で、毎度毎度の給料問題ですが、すったもんだの挙句、結果的には9月中にめでたく振り込みとなりました

ホント、いっそのこと入らなければ、なんてことも考えましたが、それはそれで我が家のピンチにつながりますので、まずはよかったと思ってます

 

 

f:id:s-giraffeman:20181007085001j:plain

 

 

俺が勤務する会社の店舗はもう、どうしたの、ってくらいに商品がない

仕入するにも前金でないと商品を送ってもらえない

先日、けっこう高額の注文が急ぎで入って、社長に報告すると、金が用意できないというので、じゃあ断るんですか、と言ったら、そうしてくれ、という返事

そんなことで、どうやって利益を得ようというのか

 

社長に、注文を受けても仕入れない、社員に給料も払わない(その後払ったけどさ)、店の商品はスッカスカ、こんな状態でまだ会社を存続させようとするのは社長のためみたいなものじゃないですか、と言ったら、自分も一生懸命やっているのに、そうですか、あなたの考えはよぉく分かりました、みたいに切れやがった

ジジイ、いったいあいつはバカなのかワルなのか

 

さすがの俺も、11月末の店舗閉店に合わせて退社しようかなと、悩み始めていて、どうすべきなのか決めかねている

 

もうこれ以上、商品のほとんど無い店舗に立つのも嫌だし、毎日毎日1時間だの1時間半だのかけて通勤するのも苦痛になってきた

 

遅れていようと、その月内に給料が入っているうちは辞めないつもりだったのに

そして10月もとりあえず遅れながらも入るとのこと

う~ん、やっぱり辞めない方がいいかな

 

 

現状報告っていうのもマンネリ化してしまったので、また別なことを書いてみようかと検討中

と、そんな訳で、何もかも優柔不断なまま、今回はこの辺で