ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

女性問題の難しさ 官僚セクハラ疑惑をキッカケに

財務省事務次官の女性記者に対するセクハラ疑惑が、セクハラだけでなくパワハラや更にはハニートラップ疑惑にまで波紋を広げている

この騒動、下世話な話でありながらも一方では何だかスッキリしない不明な点がいくつかあり、個人的にはそこに興味を感じている

 

ここではそれに関する個人的見解を披瀝するつもりは全くない

ただ当方が男だという事もあってか、よく呑み込めないところがある

そこが女性問題の一筋縄ではいかない部分とでもいうところだが

取り敢えず疑問点を一つにしぼると、取材とはいえ夜に男と二人っきりで会う事への危機感はなかったのかという事だろうか

 

実際のところどうなのだろう

それ程難しい問題ではない筈だが、解決への糸口は見えそうで見えない

下手な事を言おうものなら、女性差別や女性蔑視と受取られかねず、炎上は必至だ

 

たまたま見たテレビの情報番組で、ある政治記者から、取材というものは1対1が基本であり、ましてマスコミ側でも女性記者を使って有利に事を運ぼうとすることはしない、という解説があった

 

しかし俺にしたらそれこそがよく分からないところだ

それは業界内部の考え方にすぎず、外部の人間には通用しない、もしくは理解を得られないのではないか

性善説に則ってという事かもしれないが、セクハラ行為の有無が結果論任せじゃ不安じやないのか、と

仮に自分の身内なら、日中はともかく夜中に独りで呼び出されて1対1で男と合わなければならない仕事なんて、即刻やめてほしいと思う

 

しかしそんなことを言っていたら女性の社会進出なんて無理ではないか、という意見もあろうかと思うし、それこそ女性蔑視、女性差別、女性排除だという批判もあるだろう

 

それに対しての答え、対策は、俺には無い

せいぜいが、この世の中には残念ながら、人を殺す奴もいれば、物を盗む奴もいれば、暴力を振るう奴もいれば、セクハラをする奴もいるという事を認識して、できるだけそんな人間に関わらないように気を付けるべきだ、くらいしか言いようがないだろう

 

 f:id:s-giraffeman:20180426001742j:plain

 猫の画像でちょっと一息

 

 

それにしても今回の騒動は、セクハラとパワハラと、もし何ならハニトラと、個別で考えなければならない事柄の筈だが、そこへ政局に持っていきたい論調もあったりしてピントがぼやけたまま

おまけに流行歌よろしく「#Me Too」だのとはしゃぐ醜い議員が現れ、するとそれに対してよせばいいのに調子こいて悪口を言うバカ議員まで出てきて、問題の本質からは遠ざかっていく一方だ

 

しかし、こんな事になってしまうのはマスコミ自身、身内の事はなかなか批判の対象にしない、できない、或いは分からない、という事にも一因があると思わざるを得ない

どうか信頼回復に努めてほしい

 

 

本音を言うと、セクハラ問題を各種メディアで見聞きするたびに、なんだか面倒臭そうだな、と思ってしまう

苦しんでいる人には大変に気の毒だと思うが、識者の解説や意見などには違和感や時には嫌悪感すら覚えてしまうほどだ

 

ただ娘を持つ父親としては、女性へのセクハラ、パワハラに対して規制なり警戒なりが厳しい社会になるのは大歓迎だ

 

 

実を言うと、俺もかつては女子社員との会話では得意になってよく下ネタをぶち込んだものだが、笑顔の陰で苦しんでいた人がいたのかもしれない

無邪気な時代よ、さようなら