ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

ロック誌とロック史とロックの死

かつては音楽雑誌、ロック誌を熱心に読んでいて、高校生の頃は特に『フールズ・メイト』を愛読していた

 

後に何故かヴィジュアル系専門誌となってしまう『フールズ・メイト』だが、当時はニュー・ウェーブ専門誌として(’77年の創刊時はプログレ誌だったようだが)、イギリスのインディー・レーベル中心のレコード・レビューやバンドのインタビューなどが掲載されていて、田舎の高校生には大変に刺激的な雑誌であったのだ

 

もっぱら立ち読みばかりだったが、初めて買ったのは’83年4月辺りの号で、理由はEP-4というバンドのソノシートが付録だったからだ

確か’85年頃までは買って読んでいたが、次第にロックへの関心が薄れてしまい、立読みすらしなくなってしまった

 

で、ロックへの関心が復活するのは、それから約5年後の’90年辺りだったが、きっかけが何だったのかは覚えていない

しかしその時はロック雑誌を購読する事はなく、たまに立読みするだけ、主には『ロッキング・オン』と今は廃刊となった『クロス・ビート』の2誌、『フールズ・メイト』はその頃どんな記事を載せていたのか記憶にすらない(まだヴィジュアル系専門誌にはなってなかったはず)

 

ところで、昔からロック誌というものは、同時代の流行バンドの記事を主に掲載していて、表紙を見るだけで、ある程度は今どんな連中が流行っているのかが大体分かったものだ

俺が一生懸命レコード買って聴いていた時も、ほとんど同時代バンドを聴いていたのであり、例外なのはビートルズストーンズ、ドアーズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド位なものだった

若い頃は、とにかく現代的であらねばならないと思っていたし、またこの歳になって思うのは、ロックは時代的世代的制約があるものであり、そこが面白さでもあるという事だ

現在の俺はといえば、若い頃に好きだった音楽の他は、ロック史的関心からの選択で聴く事が多くなり、一方「最新」ロックには興味が無いし、知識すらも無い有り様だが

 f:id:s-giraffeman:20180116123508j:plain

 

さて、今月号の『ロッキング・オン』の特集で「UKロック・アンセム100曲」というのをやっていたので、もしやと思って覗いてみたら、嫌な予感は的中、1位はオアシス「Don’t look back in anger」だ

実に『ロッキング・オン』らしい選曲で、俺も割と好きな曲だけど…でも一体いつまでオアシスなのだろう

 

オアシスって、現在のアラフォー世代が主に支持するバンドじゃないのか

もちろん10代や20代でもオアシスを聴いている人は多いのだろうが、いくらなんでも20年以上前の歌が1位だなんて、あんまりなランキングじゃないだろうか

(ちなみに2位以下は、U2、コールドプレイ、デヴィッド・ボウイセックス・ピストルズなどで、上記の曲よりさらに古い曲もランクイン)

 

要するに俺の気付くのが遅かったという事だが、『ロッキング・オン』は今やアラフォー向けの雑誌になっていたんだなという事、つまり最早若い世代の読者はターゲットにしていないという事だろう

この1年の表紙を見てみると見事に昔の人ばかりで、オアシス、U2ストーンズピストルズなどで、オアシスはなんと2回も表紙を飾っていた

 

じゃあ今、若い人向けの洋楽ロック誌はあるのか

いや、そもそも洋楽なんか若い人に聴かれているのか

ひょっとして日本の若い層はもうイギリスやアメリカのロックなんて聴いていないのかもしれないし、あるいはヒップホップにそれが取って代わられたのかもしれないし、以前の「ロック」とは違うロックが聴かれているのかもしれない

 

ああ、知らぬ間に「ロック」は本当に死んでいた

 

 

 

と、終わる予定だったが、蛇足でもう少し

ここでジョン・ライドンよろしく「ロックは死んだ」と言ってみたが、意味するところは少し違う

 

もちろんオアシスや『ロッキング・オン』批判でもサラサラない

当然だ、オアシスの成功に関して批判するのはお門違いだし、『ロッキング・オン』にしたところで経営や編集方針に文句を言う筋合いも全く無い

 

俺が感じているのは、もっと社会的な問題で、例えば少子高齢化なども要因としてあるだろうという事

先に触れたアラフォー世代は団塊世代ジュニアだから、人口比率で一番のボリューム・ゾーンだ、とかね

 

ただそれ以上に思うのは、「ロック」の存在意義が変わったのかもしれないな、という事だ

ロックが「生き方」なのか「反抗」なのかは分からないが、少なくとも世代世代への強いリアルタイムのカウンター・カルチャーであった事は間違いない事で、その強さが相対的に低下しているのだろうなと考えざるをえなくなっている

 

だから、ロックが死んだというよりも、かつてのロックの役割が、終わったとまでは言わないまでも、変わったのかなって感じはする


俺のように古い世代にとってはロックこそが一番カッコいい音楽な訳で、少し寂しいのではあるが、今の若い人にはもっと切実で、あるいはカッコいいものがあるのかもしれないな、と思ったりする昨今である