ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

パンクロック考

俺はセックス・ピストルズが大好きだ

 

俺の中では、ピストルズとはジョニー・ロットンジョン・ライドン)のことであり、シド・ヴィシャスのことでも、マルコム・マクラーレンのことでもない

パンクがあれだけの影響力を持ったのもジョニー・ロットンの功績が大きかったのだと思っている

もちろんシド・ヴィシャスのルックスやグレン・マトロックの音楽的才能やマルコム・マクラーレンのイメージ戦略などを無視する訳にいかないが、やはり最終的にはジョニー・ロットンのユーモアセンス、作詞能力、唱法、声など、彼の個性というものが決定的だった、というのが俺の考えだ

 

イギリスのパンク・ムーヴメントはピストルズの登場(76年)で始まり、ピストルズの解散(78年)で終わる

あとは「パンク」の形骸化が今に至るまで続いているのだと思わざるをえない

なぜなら結局パンクバンドの殆どが、ピストルズのイメージを真似しているだけだからだ(今やコピーのコピーの…)

パンクと呼べるのがピストルズだけだったという訳ではなかったはずなのに、だ

 

俺はパンク世代ではないし、実を言えばパンクロックなどに興味はない

しかし俺がロックを意識的に聴くようになった79〜80年頃は、まだ生々しく「パンク」というものが存在した

それは「パンク」の死骸であったのかもしれないが、無視できないほどの存在感があった

 

 

1982年、クラッシュ(The Clash)来日のニュースを当時たまたま見たが、その時ジョー・ストラマーがインタビューで「モア・パンク」みたいな事を答えていて、パンクスピリットの事だったのだろうが、「まだパンク?」とその発言に少し違和感を覚えたものだ、田舎の高校生の感覚だけど…

でもクラッシュにまでこんなこと言うのは、なんとなく気がひける

だってLondon Callingはめちゃくちゃカッコよかったし、ごく初期は別として後々クラッシュはピストルズとは明らかに違う道を行くわけだし

 

 

そして今、パンクはもう冗談かパロディとしてしか存在しない

あるいは一つの紋切り型として

少なくとも日本においては

ある出版社から出ている『マルドロールの歌』の解説で、「これってパンク」なんて書かれているのを見て何だか脱力した

まるでロートレアモンとパンクに対する(意図していないとはいえ)侮辱に感じられたからだ

 

シド・ヴィシャスの死で、パンクロックは何か誤解されたままなのではなかろうか

60年代のセックス・ドラッグ&ロックンロールに逆行してしまったのだ

それはジョニー・ロットンの精神に反する事だったに違いない

 

NO FUTURE : A SEX PISTOLS FILM (スタンダード・エディション) [DVD]

 *俺が持ってるのとパッケージが違う

 

2000年の『No Future』というドキュメンタリー映画(ジュリアン・テンプル監督 )の中でジョン・ライドン(J・ロットン)が、当時はみんな自分の事で精一杯で、誰もシドの事を助けてやれなかった、と涙を流すシーンがある

少しシニカルな言い方に感じたが、それでも彼の後悔と懺悔の言葉であったのだろう

 

ジョン・ライドンの自伝(二つ出ていて、俺は一つ目の方しか読んでいない)の中ではシドの事を愚かな人間として語っているが、それでも親友シドに対しての哀惜の念のようなものが滲み出ているように感じたのは、俺の贔屓目のせいかな?

 

一筋縄ではいかない男の魅力があったからこその、セックス・ピストルズであったのだ