ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

ホルガー・シューカイ追悼

ドイツの伝説的なバンド、CANの作曲家でベーシストのホルガー・シューカイ(Holger Czukay)が、9月5日に亡くなったと昨日ネットで知った

自宅兼レコーディング・スタジオで死んでいるところを発見されたようだ

死因は今のところ不明

享年79歳

 

ホルガー・シューカイといえば有名なのが「ペルシアン・ラブ」

俺が初めて聴いたのは高校1年の頃で、当時人気だったスネークマンショーの『死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!』(1981年)に収録されていたものだった

TVCMにも使われていたようで、YouTubeで見ることもできるが、俺は記憶にない

 

CANは1968年から1979年まで活動したドイツのロックバンドだが、一般的にイメージされるロックとは少し違う

ジャズから影響されたような即興演奏的なところもあれば、ポップな要素もある

ホルガー・シューカイはビートルズに刺激されたということだが、一方シュトックハウゼンという現代音楽家に師事していたというから、それらが混じり合っての音ということになるのだろう

 

それとCANにはダモ鈴木という日本人ヴォーカリストも在籍していたこともあって、歌に日本語が入ってくる曲もある

 

f:id:s-giraffeman:20170919072942j:plain

*オクラ商店(?)

 

 

なんて知ったようなことを書いてきたが、俺は前期である1972年の『Ege Bamyasi』までしか良く知らない

今後は後期も聴いてみたいと思っていたので、なんだか残念というか、間に合わなかったというか、そんな気持ちがする

 

今年の7月には奥さんも亡くなっていたようで、まさか…と思ってしまったが、考えすぎかもしれない

 

心より御冥福をお祈りする