ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

ウォルター・ベッカー追悼

スティーリー・ダン(SteelyDan)のウォルター・ベッカー(WalterBecker)が9月3日に亡くなったとニュースに出ていた

享年67歳

 

俺はSteelyDanの熱心なファン、リスナーとは言えないが、結構好きだった

俺の中での、アメリカ音楽の一つの典型なんだな

ポップでジャジーなロック

あれ??、なんだか安っぽい形容になってしまった

 

実を言うと俺は昔から、もう一人のメンバー、ドナルド・フェイゲン(DonaldFagen)という名前とSteelyDanというバンド名がごっちゃになってしまうんだよな…

 

SteelyDanという名前はウィリアム・バロウズ裸のランチ』に出てくる張型の名前からとったとの事だが、その小説を読んだ事のない俺にはなんとも言いようがない

30年以上も前から『裸のランチ』は俺の「死ぬまでに読んでおくべき本」のリストに入っているんだけどな…本はかなり前にブックオフで¥100で買ってあるんだけど、パラパラ見てなんだこりゃの内容に敬遠したままだ

 

Do it Again

Only a Fool Would Say That

King of The World

Kid Charlemagne

Black Cow

Deacon Blues

Hey Nineteen

 

なんていう曲が好きだ

アルバムでは

 

『幻想の摩天楼』1976

『彩(エイジャ)』1977

ガウチョ』1980

 

良く言われているけど歌詞、日本語訳読んでも良く分からないんだよね

英語が分かる人はどんな感じで聴いているのだろうか

 

シリアスな顔したD・フェイゲンと、とぼけた顔したW・ベッカー

宮崎駿を見るといつもW・ベッカーを思い出したものだ

俺だけかもしれないけどね…

改めて検索して見てみたら、あまり似ていないか…

f:id:s-giraffeman:20170905171411j:plain

この猫の方が似てるかな?

 

D・フェイゲンのコメントではバンドは続けるとの事

寂しいだろうな

 

ご冥福をお祈りいたします

 

(敬称略)