ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

映画

ニワカの恥ずかしさを超えて 映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観る

遅ればせながら、映画『ボヘミアン・ラプソディー』を観てきた 昨年末に随分と話題だという事で、特にクイーンのファンという訳ではないけれども、観てみようかな、なんて思っていたのがようやく 一応説明しておくと、1973年にデビューしたイギリスの人気ロ…

追悼 ミシェル・ルグラン

1月26日、フランスの作曲家ミシェル・ルグランが亡くなった 享年86歳 ミシェル・ルグランといえば、日本では『シェルブールの雨傘』*1や『ロシュフォールの恋人たち』*2などの映画の音楽で有名だろう(いや本国その他でどうなのかは知らないが) またピアニ…

ギル・スコット・ヘロンとミクロ決死隊 Gil Scott-Heron

ほぼ日課となっているのは、Amazonで本やCDのチェック(とはいえ、滅多に買うことはない) その時、ジャケットに惹かれ、試聴したらエラくカッコ良かったので、地元のタワレコで新品で買ってきたのがこれ Gil Scott-Heronの『Pieces of a Man』(1971年)だ …

我がアイドル坂本龍一 映画『CODA』を観て

坂本龍一のドキュメント映画『CODA』を観てきた 監督はスティーヴン・ノムラ・シブル 東日本大地震後の被災地訪問のシーンに始まり反原発デモ、癌罹患、休養後の仕事復帰から現在までの約5年間の行動や発言の合間に過去の映像が挟み込まれる 初期YMOのライブ…

映画『ノストラダムスの大予言』

俺の乏しい映画経験の中で、最も印象に残っている映画といえば『ノストラダムスの大予言』だ 小学生の頃、学校から鑑賞無料券を貰ったので、友達と二人で観に行ったのだった それは小4の時だと思っていたが、調べてみると1974年の映画だから、小3だったとい…

青白いブレードランナーの炎

先日、『ブレードランナー2049』を観てきた映画をDVDではなく映画館で観るのは何年振りだろうか、確実に十年以上は経っている何を今更の話だろうが、俺は今の映画館の音響に驚いてしまった音がリアルでデカいんだね下品だとか、批判もありそうだけど、それも…

アンナ・カリーナのこと

もう15、6年位も前の事だ俺が住んでいる地域の小さな映画館で、ゴダールの作品を上映すると聞き、早速観に出かけた。それは『はなればなれに』という1964年の作品で、当時は日本未公開であった実を言うと俺は映画を殆ど観ない、だから当然詳しくもない それ…