ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

その他

本邦初!ギター・コレクション一挙公開

今回はわたくしのギター・コレクションを紹介してみよう 興味のない方には「ふ〜ん」で終わってしまうのは承知の上だが、まあそう言わずお付き合い願えませんか… 1:ジャズマスター(フェンダー・ジャパン) 19歳の時の1984年に購入、当時7万円 それ以来ず…

島田紳助の金言

島田紳助が芸能界を引退して七年になるらしい 俺は好きだったが、嫌いだという人も周りには多かった 嫌いな理由は、まあ分からないでもなかったけど 今朝ネットで「62歳 島田紳助 隠居生活を語る」なんていうデイリー新潮の記事を読んだ 芸能界復帰のつもり…

年齢問題 20年周期説

妻がもうすぐ40歳になる 俺は40歳になった時、なんとも言えない感慨にふけったものだった あれは何だったのだろう いよいよ俺ももう若くないな、もうオヤジだな、といったような気持だったのかな もう思い出せない 個人的なところでは、20歳になる時はなんと…

甲子園の怪物 江川について思うこと再び

夏の甲子園、今大会は記念すべき100回目だそうで、出場校も多い 主役はもちろん出場校の球児たちであるが、それでもやっぱり「レジェンド始球式」ってなんだか感動的だ 松井、桑田、大魔神佐々木 水野がいるってのがまた嬉しい 牛島や定岡までいるじゃないか…

ここ最近なんとなく気にかかった事柄

ここ最近は、なんとなく前に進まない感じ そこで、ネットやテレビを見ていて、なんとなく気にかかる事柄を取り上げようかと思った次第だ とは言っても、独自の深い見解など期待されても困るので、さらっと流してもらえるとありがたい 医大の裏口入学問題が、…

遺伝偏重の考え方に対して

知的能力も含めて多くの能力が遺伝する、つまり遺伝でほとんどが決まるから努力はあまり意味が無い、というような事を書いた本が今話題となっているという その本の事は知っていたが手に取った事が無かったから、ざっと立読みしてきた でも所詮立読みの斜め…

我が家にはひとりの受験生がいます

うちの子は今、受験生だ 成績はお恥ずかしい限りで、この夏休み中に何とかしろよ、とは言っているが、そう簡単にはいかないことくらい、俺だって知っている ま、近場の公立に入ってくれればな、くらいに思っていたのだが、我が地域ではそれすら難しいご時世…

かわぐつとじどうしゃ ドレミファブックの思い出

世界文化社から出ていた『ドレミファブック』という、レコード付き絵本をご存知だろうか 調べたところによると昭和44年出版のようだ(当時俺は四歳だったということになる) 全21巻、レコードA面に童謡、B面に童話を収録 俺はこの『ドレミファブック』によ…

熱中症に気をつけましょう

暑い 熱中症で搬送された人が二万人を超えたとか 例年に比べてどうなのかは分からないが、とにかく凄い人数である事に変わりはないだろう 子供たちや両親には水分補給をうるさく言っている もともとアイスなんか食べない俺だが、家族が買うとなると食べたく…

人には人のノスタルジア

最近は仕事の絡みもあって月に3回くらいは実家に帰る そして夜の8時半頃に実家を出て、車で1時間程かけて現在の住まいに戻るのだが、その際いつも少し遠回りになる出身小学校の近くを通って帰る そこはひっそりとして、時間が時間だからほとんど真っ暗な…

無気力な精神状態時の個人的な対処法あれこれ

どうも七月に入った辺りから、何事に対してもやる気がおきないというか、全体的にモチベーションが上がらない 夏バテとも違う 十代の頃から、自分でもどうしたらいいのか分からないくらいの無気力に襲われることがよくあり、鬱病ではなかろうかと本屋へ調べ…

反時代的妄言(謙虚に)

東京都独自の受動喫煙防止条例案が可決・成立した 国の規制よりも厳しい内容だそうだが、タバコを吸わず、東京在住でもない俺にしてみれば、さしあたりどうでもいい事だ タバコを嫌う人は、煙がぽわ〜んと臭ってくるのも嫌だろうから、どんなに規制を厳しく…

今年の四葉のクローバーと多様なる植物の世界

毎年わが家の周りには、様々な雑草が生えてくる まだ今のところは、それほどでもない状態だが、だんだん夏らしくなってきたので、そろそろ見苦しくなってくるだろう そうなると除草作業が億劫だ さて、今年の四葉のクローバーはどうだろうかと思って見に行っ…

喋り方いろいろ 業界には業界の決まり文句があるという

いやはや、6月19日のワールドカップの日本初戦の対コロンビア、まさか勝つとは思わなかった 俺はサッカーに詳しくないので、こんな事を言う資格はないんだけど、5-0くらいで木端微塵にやっつけられると思っていた 素晴らしい! 次のセネガル戦も、もしか…

弁護問題を憂う それはありなのか

松戸の小3の女の子殺害の事件の容疑者に検察側から死刑が求刑されたが、当然の事だと思った(不謹慎だろうか、そうかもしれない) 俺の中では、殺人に対する刑罰は基本的に死刑であり、あとは情状を考慮して酌量すべき余地があるかどうかを加点(減点?)し…

地方移住 野蛮人の住む未開の地へ

都市部に生まれ育ったひとが地方移住する事を「Iターン」というらしい 地方の田舎暮らしに憧れる人が増えているという まあ当然ながら、ごく一部に限られているようだが でも、ある程度の収入がある人でないと、上手くいきそうにないと思うんだけど あるい…

悲劇の王妃マリー・アントワネットの発言から

血腥いフランス革命における悲劇のヒロイン、断頭台の露と消えた王妃マリー・アントワネット 彼女の有名な言葉「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」は、貧しい民衆の苦境を聞いた時に言ったものだという 急いで付け加えると、その言葉はマリー・…

愛は勝利 何故だかいつまでも覚えている出来事

今から28年前の1990年の事だったはずだ 東京の友達のところへ遊びに行き、夜は二人で居酒屋で飲み、それからカラオケに行こうとなって、池袋にあるカラオケ・スナックって言うのか、そんなところへ入った その頃はもう、カラオケ・ボックスってものが既にあ…

東京人いろいろ

ネット記事をあれこれ読んでいたら、「東京人」に関するものが幾つか目に留まった 一読してそれっきりだったが、また気になって探してみたものの見つからない それらは簡単に言えば、以下のような内容を含むものだった 東京生まれ東京育ちの自分が地方出身者…

「ゴキゲン」使用例の調査より あるいは死語考察

今では死語化しているであろう「ゴキゲン」 使用例としては1979年『熱中時代・刑事編』での主人公・水谷豊がよく口にしたセリフ「ゴキゲンだぜ」を挙げておくが、ここでは恐らく喧嘩を買う際の「上等だぜ」みたいな感じのニュアンスが近いと思う あとは昔の…

我が家の歴史について

我が家は由緒ある家系ではないので、ご先祖自慢の話などは無い そんな立派なご先祖様などいないし、苗字帯刀を許されたような階級でもなかった ただ、どの家にもささやかな歴史がある筈で、我が家だって例外ではないという事だ NHKに『ファミリー・ヒストリ…

追悼 木下忠司〜特捜最前線の世界

先日の4月30日に作曲家の木下忠司が亡くなった 実はその訃報をついさっき、ネットで見つけたのだが、なんと102歳であったという事に驚いた もちろん、結構な高齢であろう事は想像していたが、まさかそれ程とは 追悼などと言いながら、ほとんど木下忠司の事は…

本当にそれは教養なのか そして佐藤優は凄いという事

幸か不幸か、教養の有無を問われる環境で暮らしていないので、気楽なものであるはずだが、テレビを見てもネット記事を読んでも、教養だなんだと五月蝿く感じる今日この頃 教養を強要するな、と… さて、たまたまネットで見かけた「ビジネス・エリート」向けだ…

回転しない回転寿司は増えているのか

先日、家族で某有名回転寿司チェーン店に行ってきた ゴールデン・ウィーク中という事もあって、店の中は大変な賑わい 18時ちょっと過ぎに行き、その時点で店内は既にほぼ満席だったが、待たずに座ることができたのは良かった ところが残念な事に、そこは回転…

感傷的な夜に 親離れと子離れ

またひとり巣立って行きました ずっと親と一緒に寝ていた子供が、自分の部屋のベッドへ引っ越したのです 最初は親子四人だった寝室が、今では夫婦ふたりだけになってしまいました こうしてまたわが家の歴史にひとつピリオドが打たれて、新たな段階に移行しま…

女性問題の難しさ 官僚セクハラ疑惑をキッカケに

財務省事務次官の女性記者に対するセクハラ疑惑が、セクハラだけでなくパワハラや更にはハニートラップ疑惑にまで波紋を広げている この騒動、下世話な話でありながらも一方では何だかスッキリしない不明な点がいくつかあり、個人的にはそこに興味を感じてい…

ノスタルジアとフェティシズム

背表紙を見てちょっと面白そうだと思って、前田亮一著『今を生き抜くための70年代オカルト』を買ってざっと読んだところだ 著者同様、俺も小学生の頃は、UFO、雪男、ユリ・ゲラー、ツチノコ、ネッシー、ノストラダムスなどに関心を持ち、日テレの『木曜スペ…

子どもの進学に頭を悩ます

我が家の愚息は現在中学二年生、親にしてみると早いもので来年は高校受験だ そしてお恥ずかしい話だが、息子はアホである 日常生活レベルでも、「て・に・を・は」がなっていない いや、文法的にどうこう言いたいのではない(俺だってよく知らない)、会話を…

忘れえぬ人々

K君とは全く友だち付き合いはなかったし、たぶん言葉を交わした事もなかった筈だ 高校2年の時に同じクラスになっただけの関係で、家がどこなのかも知らない 背が小さくて、メガネをかけた、目立たない、無口でとても真面目な生徒であり、そしてクリスチャ…

観戦者側の勝手な想い あるいは里谷多英

平昌オリンピックが始まった 個人的には羽生結弦が気掛かりで、ケガの回復がどの程度なのかは分からないが、どうか無理はしないでくれよという気持ちと、連覇はもちろんだが誰にも手の届かないところにまで行ってほしいという気持ちが交錯しているのは大多数…