ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

ジャズについて俺が知っている二、三の事柄を語ってしまいました〜チャールズ・ミンガスに触れて

この前チャールズ・ミンガスの5枚組を購入した

5枚組といっても¥1500程度の廉価版だが

その中に「Oh,Yeah」(’61年)というデヴィッド・ボウイ推薦のアルバムが入っていたからだ

 

ボウイは熱心なジャズ・ファンであり、最後のアルバムでもジャズを使った位だが、そんなボウイの好みに興味があったし、またチャールズ・ミンガスは以前に『直立猿人』(’56年)を聴いてそのカッコ良さを知っていたから、5枚組なんか買っちゃっても大丈夫だろうと思ったのだ

 

さてその「Oh,Yeah」、興味を引いたのはジャケットがジャズ風ではないという事

ボウイ推薦でなければちょっと手を出しにくいデザインだ

チャールズ・ミンガスはベーシストとして有名な訳だが、ここではピアノを担当しヴォーカルまでやっている

しかも見た目通りで声が太く、Blues風な感じでえらくカッコいい

 

内容は勿論いわゆるジャズなんだけど、フリージャズ的というか、かっこよく言うとアヴァンギャルドな味わいがある

更に強いて言うならR&Bやファンクっぽく感じるところもあって、ジャケット同様に非ジャズ的なエンターテイメント性もバッチリだ

だから『直立猿人』同様に長い曲も全然退屈しない

 

要するに「テーマ」がカッコいいと感じるからなんだろうが、どうカッコいいのかを口ではうまく説明できない…

 

個人的には「テーマ」次第でその曲の殆どが決まってしまうと思っている

コルトレーンの『至上の愛』も、あの「テーマ」が、あのカッコ良さだからアルバム1枚丸々すんなり聴けてしまう

結局のところ聴き方がまだロック・ポップス的なのだろうと思う

 

ところでボウイはこのアルバムのどこに惹かれたのであろうか 

正直言って分かりません…

 

 

Oh Yeah 

ボウイのSuffragette City('72)の歌詞に引用されているWham Bam Thank You Ma'amという曲が収録されている

 

 

ジャズに関してはずっと興味はあったものの、長らく敬遠していた

いや、現在でも「ジャズの門」をくぐったとは言い難く、せいぜい門の前をウロチョロしているに過ぎないという程度だ

それは苦手な要素がその中にガンとしてあるからだが、それについては後に触れる

 

初めて「ジャズってカッコいいかも」と思ったのはラジオで聴いたマイルス・デイヴィスの「マイルストーンズ」で、二十代前半の頃だ

でもその頃はラジオでジャズの雰囲気を楽しむ程度でありCDやレコードを買うまでには至らなかった

今もそれほど多いわけではないが

 

そしてようやく二十代半ば頃になって初めて買ったジャズのCDが、アート・ブレイキーの『危険な関係

同名映画のサントラでもあるこのアルバムはジャズが苦手な人でもきっと楽しめると思う

 

キッカケは坂本龍一が’91年に『ハートビート』というアルバムをリリースした際に、ある雑誌の特集で坂本推薦アルバム百選に入っていたものだったから

これはロック、クラシック、サントラなど幅広いジャンルから選ばれていて、ちなみにジャズでは他に

 

などが選ばれている 

この雑誌での坂本百選はまたいつか当ブログで取り上げたいと思う

 

 

 

さっき触れたジャズの苦手な要素とは何かというと、各メンバーが回すアドリブ・ソロだ

ロック・ポップスでソロというと主にはギターがやることになっていて、時間にしてせいぜい長くても1分のメロディアスなもので、現在ではソロとは言いながら曲の間奏の役割をはたしている場合がほとんどだろう

 

しかしジャズではそれを1曲の中で3人位は回すのが普通で、しかも音の連なりは素人にはよく分からない理論に基づいた、メロディ感の乏しいものばかりだし、リズムもやや複雑で、パッと聴いてすぐに楽しめたり感動したりするには難しいものだ

 

それがジャズの本質的な部分であり、醍醐味の一つである事は重々承知しているし、ライブではまた違った受け取り方になろうとは思うが、レコードではどうしても退屈してきてしまう

曲も長くなるし、どうにかならんものか、と思ってしまうのは、つまりこちらの基準がロックやポップスだからだろう

さっきの「ジャズの門」の前でウロチョロというのはそういう意味である

 

とまあ、いろいろ知ったようなことを書いてきたが、俺のジャズの知識は上記の坂本百選と2015年1月28日に62歳で亡くなった音楽評論家、中山康樹の著書によるところが大きい

というかそれのみといっても過言ではない

中山康樹の本についてもまた後日触れたいと思っている

 

 

(敬称略)

 

倒産(つぶれる)まで 12:現状報告と失業後の計画など

現在、月初と16日の二分割で支払われる事になっている我が社の給料だが、社長はその16日の分の金を取引先に支払ってしまい、給料の方は遅らせる方針を取ってしまった


つまり、社員の生活より会社の存続を選んだに等しい事になる
この前、給料払わなけりゃ社員は出て行くよ、と散々念を押したが自己保身には勝てなかったみたいだ(分からないではないが)
 
社長は年金で生活ができているが、我々はそうではないという事が、どうしても理解できないのだろうか
様々な心の葛藤はあったが、会社の事は我ら社員側から仕掛けるという方向でほぼ決まった
経理担当からは、売上金から給与分は確保できるとの報告があってひと安心だが、もうこれ以上は無理だという事に変わりはない
 
 
さて、失業後の生活については求職活動中心になるだろうが、具体的にどうなるのか、どうするべきなのかが今は良く分からない
毎日毎日ハローワークに通わなければいい職にありつけないものなんだろうか…かもしれないな
 
そもそも仕事なんかそう簡単に見つかる訳もないだろうから、精神面ではかなり辛い事になるに違いない
選ばなければ仕事なんて結構ある、なんてよく聞くが、やれる事とやれない事はもちろん、やれそうな事とやれなさそうな事はしっかりと考えたうえで選ばないといけない筈で、そこが非常に難しい問題となるだろう
目標では秋までにはなんとかしたいものだと漠然と思っているが…
 

f:id:s-giraffeman:20180314072721j:plain

 
 
とかいいながら、実は少し計画している事があって、不安と同時に楽しみにしているところもあるにはある
 
最初の1ヶ月くらいはゆっくりしたいと考えているし、おそらくゴールデンウィークにも当たっている頃だろうから家族と過ごす時間が多くなる
今までのGWや盆正月などの時期は基本的に仕事だったから、そんなのは初めてなのだ
それだけでも何だか浮き足立ってくる
 
あとはダイエット
結婚後10kgほど太ってしまったので、せめて5kg位は落としたい
かつてはシュッとした男だったのだ(信じてほしい)
 
更には「死ぬまでに読んでおくべき本」の消化
なるべく長いのがいい、『モンテ・クリスト伯』とか『レ・ミゼラブル』とか『戦争と平和』とか、そういう大長編
あるいは、いよいよ『純粋理性批判』に取り組むのもいいのかもしれない
 
 
無理してお気楽を気取るつもりはなく、それどころか多分その時になると、やたらナーヴァスになっていると思うのだが、その時はその時だ
いつかは通らなければいけなかった道と思って、ここは改めて覚悟を決めなければならず、そしてできる限り有意義な失業生活を送りたいと思っている
 
そういえば、一昨年あたりまでは朝のウォーキング(散歩)の時に、途中の神社に寄って会社の存続を殊勝にも願ったものだが、終わりが見えた昨年からは神頼みすらしなくなったというか、忘れていた
失業中は再就職と家内安全祈願の為の神社巡りもいいのかな、と今思いついた
巡りといっても近所のね
 
 
3月というのは我が業界の小売店としては結構な書き入れ時となっているのだが、残念ながら現在は商品が少なく、正直な客には「物少ないね」なんて言われる始末で、その時ほど惨めな気持ちになる事はない
年末年始も少なかったが、今はその時よりももっと少なくなってしまっている
 
在庫がなければ注文となる訳で、何日かお待ち頂く事になるが、たいていは諦めて帰ってしまう
実は注文一つ取るのも現金取引のため大変で、更には何故か在庫確認すらままならない取引先すらある状態になっているのだ
かつてはうなるくらいに商品のある店だったのに、どうしたんだろうなと思われているだろう
勘のいい人なら、従業員も減ってるし、もうすぐお終いだなと気付いてもいるだろう
 
それでもここまで持ち堪えているのは、前にも書いた通り取引先各社の協力があるからだが、なにより地域の老舗である我が社を支持してくださる方がまだまだ多いから、という事も大きく、だからこそ取引先の協力が得られている訳なのだ
 
そんな方々を裏切る事になるのは本当に心苦しいのだが、どうかご勘弁願いたいと思う
出来るだけ迷惑の掛からないよう最大限の努力をして、我々は消えて行くつもりだ
 
 

倒産(つぶれる)まで 11:悪党列伝5

一族の人間たち

 

会長が死んでもう5年以上になる

何歳だったのだろう、90歳近かった筈だ

嫁にも息子にも先立たれ、孫には会社を潰され、娘たちは地元を離れ東京に行ってしまったそうで、孤独死だったのかどうなのかは知らないが、あまり幸せな晩年ではなかったように思う 

 

俺としては、会社をこんな状態にしてしまったのは孫のせいだとはいえ、苦しむ社員に対して何の謝罪もなく、もちろん金銭的な援助もないまま、それでいて娘たちには決して少なくはない遺産を相続させてやるという、そんな人間に同情も何もありはしない

 

 

現在この一族の連中は、会社の経営にはノータッチであるが、それでも社の株を今でも何%かは持っているそうで、何年か前までは会社が弁済金を払い終えたら、またあいつら一族の連中がしゃしゃり出てくるんじゃないかと社員みんな思っていたが、今となってはとんだお笑い草だ

払い終えるどころか、借金は膨れ上がってもう限界だよ

 

呆れてしまったのは、10年間の弁済金を支払い終えたと思ったのか、会長の娘が自分の持っている株を買い取ってくれと現在の社長に電話をしてきたらしい事

二束三文の株だとはいえ、ちゃっかりしたものだ

いずれそんな金などないので断ったようだが、あの一族の奴らは一体どこまで面の皮が厚いのか 

 

こんなのが地方の旧態然とした中小企業の実態であり、社員の事など今でも昔ながらの丁稚奉公だと思っているフシがある

いつまでたっても所詮は成金の野蛮人である

 

 

 

f:id:s-giraffeman:20180308065303j:plain

 

 

 

会社の状況は悪化の一途をたどっている

最早カウントダウンの状態である

社長はどうやら何もする気はなさそうだし、社員側から極秘裏に会社をつぶす事を考えなければ無さそうな気配で、実際そんな相談も一部でしたところだ

 

このままでは、ただ社長の自己保身に付き合ってのタダ働きになりかねない

それならば、社長はじめ役員に後は任せて俺たち社員はいち早く次の行動に移るのが得策というものだ

 

役員は現在、社長の他は自宅療養の「子分」と、あともう一人だけになってしまったが、その人(Sさん)は半分は社員みたいなもので、しかも当社にとっては黄金期を築いた功労者の一人でもある

 



我々社員で会社をつぶしてしまおうとなると、実は俺自身Sさんに色々とお世話になった想いがあるから、そんな裏切り行為に対しては精神的な苦痛を感じる

 

Sさんに対する批判はいろいろあるようだし、俺もないわけではないのだが、それとこれとは別である

甘いといわれてしまえばそれまでで、役員としての役割を果たしてもらわなければならないのは当然な事ではあるのだが、しかしそんな大先輩に対して今後顔向けできなくなる様な事は、できればしないで済ませられたらと願わずにはいられない 

 

 

  

 

最後に逆恨み混じりに一つ

前にも書いたC社の本部長が先日来社した時のこと 

以前来た時は紳士的で物腰の柔らかな印象だったが、もうほとんど闇金の取り立て屋みたいな態度だったそうだ

業界ではかなりの大手なんだけどね…

それだけ腹を立てているって事なんだろうけども

社長に対してだけならともかく、一般社員にまでそんな態度だったらしい

やっぱり所詮そんな会社なんだな