ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

Technopolis “Tokio”変遷史

東京=Tokyo=Tokioを、一般に認知させたのは、沢田研二YMOであるという事に、恐らく誰も異論はないだろう(アイドル・グループTOKIOよりずっと前の話)

 

YMO坂本龍一作「Technopolis」を「トキオ」とヴォコーダーという機械によるロボット・ヴォイスでスタートさせ、沢田研二は「Tokio」というシングルをド派手なコスチュームで大ヒットさせた

 

時はどちらも1979年、日本が高度成長期を経て、ジャパン・アズ・ナンバーワンなどと言われ始めた頃であり、バブル時代の数年前の事だ

都市論が流行して、「日本」ではなく「東京」、さらにTokyoよりTokioという隠語的呼び名が、何となくカッコ良かった訳だ

 

誰が一番最初にTokioという表記をしたのかは不明だが、上記の二者で言えば9月のYMOの方が、11月のジュリーより少し早いという事になる

 

沢田研二Tokio」の作詞は糸井重里で、現在は坂本龍一と友人関係であるが、当時はまだ二人ともブレーク前の話であり、まだ交流前と思われる

糸井がYMOの曲にヒントを得たというのは考えられなくはなく、実際に後年坂本は冗談交じりに「(糸井に)パクられた」と語っている

 

 f:id:s-giraffeman:20180617065942j:plain

余談だがシングルはアルバムと少しだけ違うヴァージョンとなっている

 

 

さて、そんな象徴的な言葉「Tokio」は、79年80年とYMOライブで連呼されるのだが、81年のツアーでは「トーキョー」と叫ばれるようになり、かつその箇所はご当地地名が充てられる事になる(「ナゴヤー」等)

 

二年後の83年、所謂「散開ライブ」ではまた「トキオ」に戻り、地方公演でも「トキオ」で演奏している模様

解散ライブなので元に戻したのだろうし、ご当地地名を叫ぶっていうのも、やっぱり考えたらなんだか恥ずかしいって思ったのか、と考える

 

ところで、無知な中学生だった俺は「トーキョー」をわざと「トキオ」といっているのかと思っていたのだが、外人(なんて曖昧な…)、少なくともイギリス人は「東京」を「トキオ」と発音するのだと知ったときの驚きといったら

後にヘップバーンというのはヘボンの事だと知ったときの驚きが来るまで、俺の中での驚きの事実ナンバーワンだった

 

「トキオ」はより正確に表記するなら「トキヨ」になるだろう

星野源のアルバム『Yellow Dancer』収録の「時よ」は「Tokio」なのでは、と友達に言ったら、考え過ぎじゃないの、と一蹴された(そいつもYMOファンなんだけど)

 

ちなみに「京都」は「キヨト」と発音されるのを、高校の頃にD・ボウイの曲で知った時はナルホドネと思ったものだ

 

(敬称略)

 

地方移住 野蛮人による未開の地へ

都市部に生まれ育ったひとが地方移住する事を「Iターン」というらしい

地方の田舎暮らしに憧れる人が増えているという

まあ当然ながら、ごく一部に限られているようだが

 

でも、ある程度の収入がある人でないと、上手くいきそうにないと思うんだけど

あるいはそれまでの都市部の暮らしと比較しない人とか

だって地方から都市部への移住するには、何かと行き届いていないところが多いだろうから

地方は都市部に比べて余所者の居住を想定した作りになっていないのが普通だと思う

 

 

とはいえ、東京一極集中は、国としてはもう限界なのかもしれないな、と思ったりする

人材供給している地方がここまで出生率低下となってしまうと、いずれ東京も過疎化してしまうだろう

東京の出生率はかなり低いらしいのだ

ここではっきりさせておくが、だから東京を支えているのは地方人だ、などと言いたいのではない、念のため

 

 

よく言われている事なので今更なんだけど、田舎に暮らしたからといって金が掛かるのは変わらないし、田舎の人が素朴だという事もない

その辺は都市部と大して変わらないはずだ

農村部など昔ながらの地域以外は、日本はどこもあまり変わらないんじゃないかな

でも、やっぱり都市部の方が便利だし、何より文化的なものはほぼ田舎では味わえないので、そういった事は諦めるしかない

 

それでも本当に気合いを入れてIターンをしようという人は、その辺の幻想に関しては問題無いと思う

そうではなく単に転勤で地方に住まざるを得なくなった方々には、どうかくれぐれも気持ちがやさぐれてしまわぬよう祈るばかりだ

というのも都市部から何らかの事情で田舎暮らしをしなければならなくなった奥様たちの怨念を何度も耳にしたからだ(小売店勤めの俺はそんな愚痴を沢山聞いている)

 

 

ある、東京生まれ東京育ちの文化人が兵庫県に移住するとの事で、地方移住についての鼎談があって、それをネットで読んだ

 

曰く、地方移住が上手くいくには女性に受ける必要がある、と

だからカフェやイタリアンが必要だと

古き悪しき田舎では話にならん、と

センスの良いリベラルな街にならないと女性は住みたがらないから、結果その自治体は滅びるだろう、と

なるほど、確かに一理ある

 

ただそうなのだとすれば、何故地方は現在程度にしか都会化できていないのか

そして、何故いつまでも古き悪しき田舎のままなのか

などなど、根本的な問題が抜けたままだ

地方の女性はカフェもイタリアンも興味がない、という事なのかな

 

都市部からわざわざ移住するのに、移住先に都会的なものが少ないとダメだというのは矛盾ではないにせよ、何やら傲慢さを感じるのは地方人的感性なのか

 

だいたい地方移住を希望する事情は、あくまで趣味的、個人的な問題ではないのか

地方から都会に移住する場合は、受入れ先にクレームをつけるのはナンセンスなのに、都市部から地方に移住する場合になると、受入れ側にあれこれ注文つけるのはどうなんだろうか

この文化人の言う事に対して特に反対する事はないけれども、なんとなく独善的な感じがして、あまり聞くべき意見とは思えなかった

文化人なんかの言う事を真に受けるなよって話かもしれないが

 

 

f:id:s-giraffeman:20180615070830j:plain

 

地方人からすれば、進学や就職のために止むを得ず都市部に行かなければならない事の方を議論してほしゆい気はする

地元に残るかどうかは本来個人の問題だが、今や日本の各自治体の抱える問題であろう

東京などの都市部に集中する人口を地方に分散するのもいいが、その前に地方から人の流出を食止めるのが急務ではないのか

 

 

なんて言って実はさっきの文化人の記事を読んで、なんでこいつはこの程度の事をエラソーに言えるのか、と地方人としてカチンと来たのが書くキッカケだった

旦那の転勤で地方住まいしなけりゃならなくなった奥様と同レベルじゃねえか、オジサンだかオバサンだか分かんねー顔してよ、っていう(これは言い過ぎだね)

 

さて、ウチの子たちはどうなるのか

俺は東京に行きたくて仕方なかったけど、あいつらはそんなの無さそうなんだよな

今は都会に対する気持ちって昔と違うからなぁ

東京だから何、みたいなね(不遜にも)

 

太宰治の事 桜桃忌に便乗して

6月13日は太宰治の命日で、作品名にちなむ桜桃忌は遺体発見日であり誕生日でもある19日だとの事だそうだ

知らなかった

 

太宰治の人気は、恐らく今後も変わらず続くだろう

まるで我が事が書かれているかのように読まれる作家は今後もなかなか現れまい

 

それにしても太宰治人気について思うのは、割と今は大っぴらに好きだと言える雰囲気があって、時代も変わったものだなという事
 
俺の若い頃ももちろん人気作家だったが、好きだと公言するのは少し恥ずかしい事、みたいな空気があった
青春期のハシカの様なもので文学少年少女は誰でも一度は太宰熱に罹るものだ、みたいな言われ方で揶揄されたものだったから
 
アンチ太宰の最右翼である三島由紀夫が、現在では想像できないほどの権威があったから余計にそんな空気があったのかもしれない
中村真一郎丸谷才一なんかも、あまり太宰治を評価したがらなかった様に思う
 
吉行淳之介が太宰全集を揃えたのを見た安岡章太郎が「じゃあ俺も揃えようかな」と言ったとか
太宰治の文学の捉えられ方の一つの側面であると思う
 
そんな要らぬ情報に影響されて、俺は今でも太宰治が好きだって事を公言するのには抵抗がある
もっともそんな場面なんか今後決して無いから取り越し苦労なんだけど

 

f:id:s-giraffeman:20180611073448j:plain

 

よく知られた言葉、短編「富嶽百景」の一節「富士には月見草がよく似合う」

恥ずかしながら俺は月見草というものを知らなかった

 

そこでネット検索してみると、黄色い花の画像が出てくるが、白い花のがあったり、宵待草だとしてあったり(月見草と宵待草は同属種だとのことだが)、無知な俺は混乱するばかりなので深入りはしないでおくが、太宰本人は、「黄金色の月見草」と書いているから黄色い花の画像を貼っておくことにする

 

 

ところで、黄色い花の画像に混じって、色違いでピンクの花の画像も結構な数出てくる

あ、これは見たことある、うちの周りに勝手に生えてくる汚ねえ花だ

昼咲き月見草、という名前だそうだよ

花言葉は、無言の愛、自由な心、固く結ばれた愛、奥深い愛情、新しい恋人、清純

了解、もう汚ねえ花なんて呼ばないよ

 

f:id:s-giraffeman:20180611071936j:plain

 

冒頭に書いたような事情があるから、太宰治と同時代同世代の作家が太宰を褒める文章を読むと、何だか気分がいい

石川淳の「太宰治昇天」や坂口安吾の「不良少年とキリスト」などの太宰追悼文は、太宰治への優しさに溢れていて、情緒不安定な時など泣いてしまうかも知れない

 

と、ここまで書いてきたら『太宰よ! 45人の追悼文集』という文庫本が河出書房から出ているのを知った

上記の2人の文はもちろん載っていけるし、他にも井伏鱒二檀一雄の他、佐藤春夫桑原武夫花田清輝埴谷雄高武田泰淳大西巨人江藤淳などの名が並んでいるので早速買ってきた

俺が新刊書を買うなんて…

 

ああ今日は何だか、カミングアウトしたような、そんな気持ちだ

 

買ったはいいが読む気はあるのか=分不相応な本の数々

単に安いという理由で、読む可能性のとても低い本を買ってしまう

この本たぶん読まないだろうな、と思いながらレジで金を払う
値段は大抵100円とか200円とかだから、まあ買っちゃえとなる訳だが、家に帰ってから、果たしてこの本は俺に必要なものだったのだろうかと自問自答する
 
以下に、そんな分不相応な本を挙げていく
これも俺の気違い沙汰のひとつだ…
 
 
今年に入って早くも2冊、そんな本を買ってしまっている

これらは図書館なんかで読むべき本ではなかろうか

こんなの買ってどうしようというのか、俺は 

 

トルストイの妻へ宛てた手紙については、有名なトルストイの家出に関するものが収録されているそうで、何となく興味深いと思ったのであったが…

 

トルストイに関するものでは川端香男里の『トルストイ』を読んだっきりで、長編では『アンナ・カレーニナ』しか読んでいない

川端本を読んだらトルストイっていうのは相当クレイジーな奴で、異常な人物ばかりが主人公のドストエフスキーよりも遥かにぶっちぎれているな、と思った

それで急にトルストイに興味を持ったのだ

 

ドストエフスキーよりもずっと長生きしたので当然と言えるところもあるが、長編小説程度でビビってられないほどの膨大な量を書いているのだ

長らく俺は、トルストイ人道主義の面白く無さそうな大長編作家だと食わず嫌いしていたが、俄然興味がわいたというわけだ

でも妻への手紙なんか読む前に『戦争と平和』を読むべきだろうし、『復活』だって控えている

 

とまあそんな訳で、俺には分不相応な本だと思った次第

ましてナボコフエドマンド・ウィルソンの往復書簡など、研究者でも文筆家でもない俺に何の用があるのか

この2人初めは仲良くてリスペクトし合っていたようだけど、ナボコフ訳のプーシキン『オネーギン』を巡って対立、論争に至ったのは一部で有名な話だが、別に俺そんなに関心ないし…

 

ナボコフなんかは何冊か読んだけど、面白さが分かるほど、俺のレベルは高くない

面白かった記憶があるのは『セバスチャン・ナイト』

『ロリータ』は何だかアメリカン・ニュー・シネマ的なロード・ムービーのような気怠い雰囲気で、想像と違って重かった印象

まあいずれどちらも綺麗さっぱり忘れてるよ

最近、新訳が次々出てるけども、たぶんもう読まないな

エドマンド・ウィルソンは『アクセルの城』っていう文芸評論しか知らない

 

と、そんな程度でこんな書簡集なんか馬の耳に念仏以外の何物でもない訳だが、なんでまたウィルソンは、いくらロシア通だからって、ロシア人ナボコフの翻訳にケチなんか付けたんだろうかというのが、精いっぱいの関心か

 

 

f:id:s-giraffeman:20180611080428j:plain

記念にお揃いのツーショット

 

その他にもちょこちょこ買っていて、今わかる範囲で列挙していくと

  1. 紫禁城の黄昏(R.F.ジョンストン)
  2. わが半生(愛新覚羅溥儀
  3. コンスタンチノープル遠征記・第四回十字軍(ロベール・ド・クラリ)
  4. 文学にあらわれたゲルマン大侵入(P・クルセル)
  5. 新約外典使徒教父文書概説(W・レベル)
  6. ユダヤ人から見たキリスト教(G・ショーレム他)
  7. 中世インドの権力と宗教(荒松雄)

とりあえずこのくらいにしておこうか

ご覧の通り実に面白そうな気配満載ではあるが、これらの本を読む前にしっかりと予備知識を頭に入れておかないといけない代物ばかり

 

どれも全て高いものでも、せいぜいが500円位で購入している

安さで買ったはいいけれど、って感じ

他にもまだまだあるんだ、この手のが、絶望的に…

 

f:id:s-giraffeman:20180611071305j:plain

あまり悩むな(にゃやむにゃ)、と言っているのかは不明

 

この持ち腐れリストからは、文庫・新書や文学作品は除外してある

例えば文庫版『ハディース』だったり、平凡社版『金瓶梅』などなどは今後読むかどうかも分からないが、取りあえず分不相応書籍ではないという判断だ

 

基本的には100円200円の本しか買わないのだが、そのせいでバカみたいに本が増え、読まず、買ったのも忘れて、なんて事になっているばかりか読む楽しみさえ何処へやらとなってしまっている

まあそんなに悩む問題ではないけれども

今年中には整理したと考えている

いや、毎年考えてるんだけど

 

甘いメロディ 親しみやすい旋律

俗に言う「甘い」あるいは「親しみやすい」メロディーというものに、長らく偏見と抵抗があった

いいなと感じても、一方では「やりすぎじゃないか(甘すぎじゃないか)」とか、昔は考えていた

 

メロディーが「甘い」「親しみやすい」と感じるのは、要するに、それだけそのパターンが使い古されているから耳馴染みがいいという事だろう、と

だから、そんな音楽なんて誰でも作れる、つまり素人でもできる、更に言うと素人でなければできない恥ずかしいものだ、と思っていた

 

いや、今でも多少そんなところはあるんだけど

これそんなにいい曲じゃねえだろとか、なんでこの歌はそんなに名曲扱いされてんのとか、これ何か変な歌なのにねとか…

 

余談だが、家でもそんな事をほざいていて、某人気歌手を馬鹿にしていたら、子供たちまでそれに影響されてしまった

テレビでそいつの歌が流れるとニヤニヤするのだ

妻には、家の中ではいいけど沢山のファンがいる歌手を外でバカにして言うようになるとあまり良くないからそんな事を言うのはやめて欲しい、と言われた

なるほど、それもそうだ

それに俺、ミュージシャンでもないしね…

 

 

昔、友達とバンドを組んでいて、作曲なんて事をした経験がある

ギターでコードの進行を考えて、それに合わせてメロディー決めたり、逆にメロディー作ってからコードを当てはめたり、なんていう程度だが

でも、ちょっといいかも、なんて思うと大抵何かの曲に似ている事に気付く

所詮アマチュアだから、その辺はお構い無しなんだけど、ココロザシは何処へやらで、オリジナルないいメロディーなどというのは最早存在しないのではないか、と10曲程度作っただけで思ってしまった

でもある意味、真理ではあるんじゃないかな

 

作曲している時、その音列の根拠がよく分からない、というか根拠など無いという事に気付く、という事態に陥った

例えばメロディーが、ドの音からファに移りラに行ったとして、そう決めた根拠は何なのか

やがて、その根拠薄弱なまま続けて行くと何となく意味らしきものが現れた気がしてきて、結果として「甘い」もしくは「親しみやすい」音楽の出来上がりとなる

 

だからいっそシェーンベルクなんかの十二音技法みたいなものの方が、すぐその「ド・ファ・ラ」に根拠が持てたりするんじゃないかと思ったりもする

ただし、俺には全然その音楽の面白さがよく分からないのではあるが

 

 

f:id:s-giraffeman:20180608115405p:plain

こんなテーマでシェーンベルク先生を出してくるのはまったくのお門違いですが

 

 

 

と、そんな薄っぺらい経験で分かったような事を言うのはもうおしまいにして、ここからは懺悔の言葉である

 

スティーヴィー・ワンダー は「可愛いアイシャ(Isn't She Lovely?)」など数々の名曲を世に送り出して来た訳だが、なんと俺はこれら絶品のメロディーの「親しみやすさ」や「甘さ」が昔は口に合わなかったんだな、何故なんだろう

 

あと、俺は坂本(龍一)先生の大ファンなので、当然といってはおかしいが、クラシック音楽ではドビュッシーとサティとラヴェルが断然好きなんだけど、ラヴェルに関しては「亡き王女のためのパヴァーヌ」なんかの「甘さ」に何となく安っぽさを感じていた

それはとんでもない勘違いだったと数年前に気付いた

 

この前、二十歳の頃にアナログで買って持っている、ビル・ウィザースという黒人歌手のベスト盤CDが280円だったから買った

実はそのアルバム、ヒット曲「Just the Two of Us」以外あまり好きじゃなかったんだけど、何十年振りかで全編聴いてみたら、なんと全曲いいじゃないか

俺はBill Withersの「甘さ」の良さが分かってなかったんだね

でも、その「Just the〜」も十分に「甘い」メロディーではあったのだが

 

ビーチボーイズ然り、シュガー・ベイブ然りで、今ようやくその「甘さ」「親しみやすさ」の許容範囲がだいぶ広くなってきて、ここまで来るのに物凄く時間が掛かったなとしみじみ思う

 

倒産(つぶれる)まで 16

レスポール、ES-335、フライングV等等等の名器を世に送り出してきた、ギター・メーカーの最高峰 、アメリカのギブソン社が事実上の経営破綻をしたとの事だ

本業の厳しさに加えて、オーディオ機器メーカーの買収が傷口を広げたようだ

破産申請をしたようだが、日本でいう民事再生のようなものらしいので、ギブソン・ギターがもう生産されない訳ではないとの事

な〜に、世界中のギブソン・ファンが応援してくれるさ

 

f:id:s-giraffeman:20180603072904j:plain

 ミック・ロンソンとレスポール・カスタム

 

 

そんな訳で、ギブソン社同様に十数年前に民事再生を申請したものの、再生できないまま虫の息になってしまったウチの会社だが、それでもどうにか5月を乗り切り、いよいよ色々ありそうな6月に突入した

 

絶望的に商品は少なくなり、注文を受けても入荷できるかどうか怪しい、そんな恥さらしの泥試合は、更なる過酷さを増している

 

f:id:s-giraffeman:20180601232725j:plain

 

残念ながら、最終的には社員全員で職場放棄、という計画は実際のところはハードルがやや高いようで、一部の人間が決めるのは良くないという意見もある

どんなに惨めな営業であろうと、これ以上従業員が減ろうと、給料が出ているのなら失業するよりは遥かにマシ、という事だ

明らかに給料が出ない事が分かれば別であろうが…

 

 

先月の給料の一時的な遅れは、社長に何度も電話して出させた

 

s-giraffeman.hatenablog.com

 

恫喝というほどではないが、払うのが社長の義務だ、払わなければこちらにも考えがあるぞ、と脅したのだ

おかげでシワ寄せが行った取引先もあっただろうが、何より給料が最優先だ

取引先からのペナルティが今更なんだというのだ、というのが社員側の見解だ

 

 

 

民事再生手続によるうちの会社の債務はもうとっくに終わってなければならないが、確かあと2年分くらいは残っている

それに加えて、その後の営業で販売した委託商品の支払いも今や結構な金額になる

更に、滞納しているテナント料も絶望的なところまで膨れ上がっている

 

これで希望を持てって方が無理で、まぁ行けるとこまで行こうじゃないかって感じだけど、それでもいよいよ今月かなぁ、どうなのかなぁ…

 

タイトル考 手に取って欲しいならタイトルは死ぬ気で考えなさい

本や音楽(ロック)のタイトル付けは、センスがモノを言う

仮に中身がとても良くても、タイトルがまずいと読者やリスナーに届かないし、ヘタしたら手にも取ってもらえない

音楽なんかはそれでも、そんなにハンディキャップとはならない気もするが、本となるとかなり影響があるんじゃなかろうか

 

 

目に余る例としては二、三挙げるに留めておく(個人的見解)

これらの本は読んでいないので、内容をとやかく言っているのではないので、念のため

 

まずは「へたな人生論より〇〇」というシリーズ、これ結構売れてるんだか、文庫でまで出ていて、よく目につくけど、タイトル見るだけで不快になる

売れてるってことは、内容がいいのでしょうかね…

 

あと似たもので、「△△するなら(したいなら)、XXしなさい」という、超上から本のシリーズ

これもよく見かけるタイプだが、そんなにアピールするタイトルなのかな

「先生、教えて下さい」みたいな気になる人が多いのかしら(今回便乗してみました)

 

そして、考え直した方がいいと思うのが、例えば某経済学者による「アホノミクス」みたいな、対象をアホバカ呼ばわりするもの

こういうタイトルは反○○の人向けの会報にしかなっていないんじゃなかろうか

きちんとした批判したいのなら、もっとちゃんとしたタイトルでアピールして、広く読んでもらう努力をしなければいけないと思うが、どうなのか

これじゃヘイト本と変わらんじゃないか

もっともこの本の場合、経済学っていうのは所詮、当たるも八卦当たらぬも八卦ってものだからこれでいいのかもしれないが(ちょっと言い過ぎかな…)



どうか編集者の方々には常識を弁えた仕事をして欲しい、と部外者ゆえ遥か上から提言申し上げる

 

アフターマス(UKヴァージョン)

 

 

という訳で個人的なベスト・ネーミング作品を列挙していきたいと思うが、ロックでの筆頭は何といってもローリング・ストーンズという事になるでしょう

 

Jumpin' Jack Flash

Gimmie Shelter

Sympathy for the Devil

 

などなどで他にも沢山あるのだが、非常に上手いというかカッコいいというのか、なんかタイトルだけでもう名曲の予感がする(そして実際に名曲)

 

タイトルのカッコよさに関しては、ビートルズストーンズに負ける

もちろん

 

A Hard Day's Night

Let It Be

Strawberry Fields Forever

 

などの素晴らしいタイトルは色々あるけれども、ストーンズの方に軍配があがる(あくまで個人的見解ね)

 

 

個別には Moonage Daydream だとか Teleglam Sam だとか Re-Make/Re-Model だとか The Man-Machine だとか Solid State Survivor だとかがまず思い浮かぶ

 

 

続いて、本のタイトルで好きなのが「〇〇物語」になっているもの

 

宇津保物語

源氏物語

狭衣物語

浜松中納言物語

今昔物語

平家物語

 

などの類いだが、要は日本の古典文学、とりわけ王朝文学と呼ばれるものに多くあるタイプだ

他にも谷崎潤一郎に「乱菊物語」なんてのがあるし、死ぬ前に澁澤龍彦が構想していた次回作は「玉蟲物語」というものだった

 

あと心惹かれるのが

 

ツァラトゥストラ

サラムボー

ザディーグ

ガルガンチュワとパンタグリュエル

トリストラム・シャンディ

 

みたいなカタカナの人名のもの

これには更に「物語」をつけることも可能で、そうなるとますます楽しいかもしれない


どれも内容はさて置き、タイトル見ただけで必読書のような気になってくる


そんな訳だが、終わり方を見失ったため終了…