ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

ニワカの恥ずかしさを超えて 映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観る

遅ればせながら、映画『ボヘミアン・ラプソディー』を観てきた

昨年末に随分と話題だという事で、特にクイーンのファンという訳ではないけれども、観てみようかな、なんて思っていたのがようやく

 

 

一応説明しておくと、1973年にデビューしたイギリスの人気ロックバンド、クイーンのヴォーカリスト、また同性愛者であり、若くしてエイズで亡くなったフレディ・マーキュリーが主人公の、音楽たっぷり映画

 

バンドメンバーとのギクシャクもあって、孤独感を抱えながら、仕事とドンチャン騒ぎに明け暮れるフレディ・マーキュリーを、元カノのメアリが訪ねて来るところでは、危うく泣くところだった(いや、泣いたっていいんだけどさ)

メアリに妊娠した事を告げられ、戸惑いながらも、別れ際に祝福の言葉をかける悲痛さなんかもね

 

いや、俺はこういう、ありきたりかもしれないけど、別れても互いを想い合うふたり、みたいな設定に弱いんだな〜

それは恋愛関係であっても、友情であっても、親子の間であっても同じ

 

大ヒットの理由は様々だろうし、実際のところ俺にはよく分析できないけど、面白かった

なんて、今更なんだけど…

 

 

ところで、そんな風に映画の中のフレディ・マーキュリーやメアリに感情移入できたのは、ひょっとして俺が大してクイーンのファンじゃなかったからなのかもしれない

というのも、ボウイ・ファンの俺にはボウイに材を取った『ヴェルヴェット・ゴールドマイン』には全く感動できず、それどころかチープさばかりがやけに目立ってしょうがなかったくらいなのだ

 

ま、両映画の狙い所は全く違うので、比較するのはナンセンスだけど、でも何か根っこのところで、ファンか否かというのが評価を左右する事になっていそうだ

もし俺が根っからのクイーン・ファンなら、事実と違うとか、俺の中のクイーン、もしくはフレディ・マーキュリーはこうだ、とかあったのかな、と思ったりする

昔っからのクイーン・ファンにはどうだったのかな 

 

 

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

 

 

映画のクライマックスでもある、1985年のライヴエイドは友達の部屋でリアルタイムで観ていた

といっても、記憶にあるのはデヴィッド・ボウイエルヴィス・コステロくらいだけど

ボウイの記憶も薄っぺらで、むしろコステロが赤のストラト一本でビートルズの曲*1を歌ったのが強く印象に残っている

 

あの当時は、1984年にイギリスのクリスマス・チャリティソング*2がまずあって、翌年に今度はアメリカからの「ユー・アー・ザ・ワールド」が大ヒットしてたけど、どちらの曲もあんまり好きじゃなかったし、今もそうだ

その後に出た、アパルトヘイト政策に対する「サン・シティ」はカッコいいな、と思ったくらいで、要は俺のチャリティ心なんてそんなものだ

実を言えば、東日本大地震の被害の大きさを知った時に初めてそうした気持ちが芽生えたんだけど、これはまた別の話だな

 

 

さて、クイーン

何年も前に、友人から借りてPCに入れたクイーンのベスト盤、それっきりで全く聴いていなかった

クイーンといえば、俺の中ではボウイと演った1981年の「アンダー・プレッシャー」くらいで、有名曲はもちろん知ってるけど、あんまり食指が動くタイプの音楽じゃなかったのだ

 

俺の世代だと、小学生の頃からロック聴いてたような早熟なヤツは結構クイーンに詳しかったけど、俺は中二からのニューウェーヴ・スタートだから、パンク前のロックってなんだか古臭く感じて魅力を感じなかった

 

でもようやく、映画のおかげでクイーンに対する興味が出てきて、今は仕事の行き帰りで上のベスト盤を聴いているところだ

コーラスワークやブライアン・メイのギターの音色、多重録音による独特の重層間、あとはもちろん圧倒的なフレディ・マーキュリーのヴォーカルに感動している

恥ずかしながらニワカなんだけど、俺には今がクイーンの「聴き時」だったという事か

 

*1:All You Need is Love

*2:Do They Know It’s Christmas?