ぱらの通信

思い付きと思い込みの重い雑感集

甲子園の怪物 江川について思うこと再び

夏の甲子園、今大会は記念すべき100回目だそうで、出場校も多い

主役はもちろん出場校の球児たちであるが、それでもやっぱり「レジェンド始球式」ってなんだか感動的だ

 

松井、桑田、大魔神佐々木

水野がいるってのがまた嬉しい

牛島や定岡までいるじゃないか

そして正にレジェンドの太田幸司

オールドファンにはたまらない

 

でもここには江川と清原の名前はない

清原は仕方ないとしても、なぜ「怪物」江川がいないのか

 

答えは単純、断られたそうだ

理由は、日本テレビで野球解説をやっているから、朝日新聞社主催の甲子園大会には出られない、とか

あるいは、甲子園で優勝していないので(優勝してなきゃダメとは思わないが)、個人的には恥ずかしくて出たくない、とか

ま、そんな事のようだ

 

せっかくの記念大会だもの、何だよ、いいじゃ〜んって思うけど、ね

いや、別に山なりでキャッチャーまで届くかどうかみたいなボールが見たい訳じゃないけどさ

見たいのは全盛期のポップするストレートなんだけどさ…

 

 

思うに(勝手な想像だが)、江川は高校生時代の事ばかり言われ続けているのが嫌なのではないだろうか

何しろアマチュア時代の「怪物」も、プロ入り後はその異名とは程遠いものであった

所詮は通算成績135勝の「並」の投手で終わってしまったのだ

それでもファンは最後まで「怪物」出現を待っていたのだが

 

今でも語り継がれる豪速球伝説にしたところで、おそらく140km/h台で、ひょっとして150キロが出ていたのかも位の話であり、間違っても160キロなんて事はなかったと思う

まして江川の後には槇原、伊良部、松坂、ダルビッシュ、大谷などの豪速球投手が出てきたのに、いつまでも「怪物」ヅラしなければならないのが苦痛なのではないだろうか、と思った訳だ*1

 

 

f:id:s-giraffeman:20180817081326j:plain



 

 

人口に膾炙している「記録より記憶」、なんて言葉はいつ頃から言われているのだろうか

一説では王と長嶋の比較で使われ始めたのではという事だが、江川が現役の頃にもよく耳にした

なるほど江川こそ典型的にその言葉が当てはまる一人ではある

 

 

でも江川本人は記憶に残る事以上に記録を残したかっただろう

そして強く記憶に残る選手となるには、それなりの記録も必要だ*2

だから残念ながらONや野茂やイチローのようには語り継がれることはないだろう
それは本人が一番よく分かっていると思う

 

しかし、である

今でも「江川世代」の野球選手は江川を我が事のように語り、かつ賞賛する

そして皆、江川と同世代である事を誇らしく感じているような口ぶりだ

勝っても負けても、打倒江川に燃えた事がまるで自分たちの特権であったかのように

 

 

江川は今でもかつての自分、「怪物」の幻に苦しめられているのではなかろうか

無邪気にノスタルジア、という訳にはいかないのだ

それは他人には分かりえない無意味な苦しみだが、でもあまりにも悲しい

 

 

 

な〜んて今回はあまりに独断的過ぎたかなと思いつつ…

甲子園大会はベスト4まで決まった

金足農 ー 近江戦観てたのに、逆転サヨナラ・ツーランスクイズなんていう超レアなものを見逃したのは痛恨の極みだ

 

それにしても、青春だの純粋だのというつもりは全く無いが、どうしてあんなにも感動的なのか

負けたら終わりっていうのが、死ぬ訳でもあるまいし、でも何故こんなにも胸に迫ってくるのだろうか

 

(敬称略)

 

*1:とはいえ現在の選手と比較しても意味はない 当時の水準からいえば江川は間違いなく桁違いの「怪物」であり、それ程の格差を見せつけた選手はその後現れていないと思う

*2:いや、残すには残している しかし我々が江川に望んでいたのは勝利数だとか球速だとか、そんなことではなかった

ここ最近なんとなく気にかかった事柄

ここ最近は、なんとなく前に進まない感じ

そこで、ネットやテレビを見ていて、なんとなく気にかかる事柄を取り上げようかと思った次第だ


とは言っても、独自の深い見解など期待されても困るので、さらっと流してもらえるとありがたい

 

f:id:s-giraffeman:20180813003554j:plain

 

医大裏口入学問題が、医大受験での女子合格者制限問題に広がり、今は30年以上も前の芸人裏口入学の真偽の話にまで伸びてきた

それについては、なんでまた今頃とも思うが、本人は裁判で決着を付けると言っているから、それでいいだろう

白黒ハッキリするのかな

でもこの問題にはあまり関心がない

 

それより俺が引っ掛かったのは、その芸人の、高校の時の成績は悪かったが地頭(じあたま)は良かった、という弁だ

自分自身に対してそれを言うのか、ってのはともかく…

 

「地頭」ってよく聞くけど、あれって何なんだろう

学歴や資格などの証明が無い場合などに、人間の能力を評価する際によく使われているのは知っているが

 

単に「頭がいい」じゃだめなのか

ニュアンスとしては、「頭がいい」より「地頭がいい」の方がランクは上なのか

前者は後天的なもので、後者は先天的なものって感じだろうか


たぶん天才の方が秀才より上、みたいな感じの、「地頭」信仰があると思うんだ

証明できないところがミソね


 


次は、「生産性」

自民党の杉田議員による「『LGBT』支援の度が過ぎる」という寄稿文の中の、LGBTの人たちには出産という「生産性」が無いから、少子化に税金を使うようには理解を得られないだろう、というような話だった

なるほど、政治家の言葉としてはあまりに繊細さに欠ける

 

ただ個人的には、「生産性」無いのってそんなに問題か、と思ったりもする

そもそも「生産性」なんて言葉はほとんどビジネス用語みたいなものだろう

そんな薄っぺらな言葉を使って人間の評価をしようとする政治家も問題なら、それに乗っかっていつまでも批判する方も問題だ

 

そんな事より、LGBTに対しての支援が現状どうなのか、これを機に改めて詳しく報道してくれたほうが良い

田舎に住んでると、周りにそういう人が見当たらないのでよく分からないけれども、実際どうなのだろう

 

結婚、就職、相続などの整備は確かに必要だろう

あとはその議員が言うように、本当に過剰支援となっているのかを、キッチリと調査して議論なり批判なりをしてほしいものだ

してるのかな、俺が見てないだけで…


 

 

最後は帝王切開批判について

これ何の記事を見て思ったのだったのかは忘れた

それはともかく、なんでまた帝王切開が批判されなければならないのか、と思ったら、自然分娩に比べて楽そうだから、とかいうそんな程度の話らしい

 

実を言うと俺自身が帝王切開で生まれている

逆子だったらしいのだ

陣痛より先に破水があって、病院に担ぎ込まれて、逆子のため性別は早々に分かったものの、出てくるのに何時間とかかったらしい

 

母子ともに現在も元気なので、なんとなく笑い話になっているが、実際大変だったろう

お腹を痛めた子ども、なんて言うが、一人産むのに二度も痛めた様な感じすらする

そんなことも知らずに批判だのと、酷いものだ

てっきり新興宗教の話かと思った

 

 

遺伝偏重の考え方に対して

知的能力も含めて多くの能力が遺伝する、つまり遺伝でほとんどが決まるから努力はあまり意味が無い、というような事を書いた本が今話題となっているという

 

その本の事は知っていたが手に取った事が無かったから、ざっと立読みしてきた

でも所詮立読みの斜め読みなので、勘違いもあるだろうから、以下はその本のレビューのつもりはない(と逃げておく)

よってその著者や書名は明記しない

 

 

という訳で…

なるほど、それは残酷すぎる真実だ

こんな事は確かに言ってはいけない事柄なのかもしれない

 

 

でも本当にそうだろうか

みんなが気になる知能の遺伝

でもその知能がせいぜい勉強程度の話ならば、遺伝で左右されるとはどうしても思えない

 

それは(進化も同様に)何年とか何十年なんかの話ではなく何千年、何万年レベルの話であり、主には種の生存に関わるものなのではないのか

だから種の全体の能力が、遺伝によってそんなにもバラツキが出るって変じゃないかな

そもそも遺伝って、そんな文化的なところまでも支配するシステムなのか

 

その本では否定されているが、俺はそれでも後天的なものが大きくものを言うと思っている

もっとも、こういう事に関してトヤカク言えるような知識がないので、批判めいたことはこの程度にしておく

 

 

この説を受入れる人と受入れられない人の違いにも個々いろいろあるだろう

受け入れられる人は、社会的に成功している人と、失敗の理由を運命などにしたい人、となるのかな

あとは現在の努力をやめる理由が欲しい人などか

 

教師だという人が、この説を支持しているのをネットで2件ばかり見かけた

曰く、どんなに教えてもダメな奴がいる、と

これは自身の現状にある程度優越感を持った者としての「上から目線」に加え、仕事の徒労感や、教える事の努力をやめる言い訳が欲しいという現れだろう(もちろん教師の殆どがこの考え方だと言っているのではない、念のため)

 

 

その本の著者は、だいたい遺伝で決まってるんだから、無駄な努力はやめて、それぞれ身の丈にあった事をしていれば幸せになれるよ、というメッセージを送っているのかもしれない

あるいは価値観を一つとしないで、もっと自由に人生に臨むべきだ、とか(俺のような落伍者にはしっくりくる人生観だ)

 

でも極端な遺伝偏重主義的思考が一般化するのってどうなんだろう

遺伝にこだわると、階層の固定化を促進して、全て血筋や家柄に還元していこうとする宗教的なものになってしまわないだろうか

 

それは時代錯誤のようにも思えるけれども…

あるいは「科学」の裏付けを得たと称する階級制度の新たなステージに入ろうとしているのか

しかも「格差」の拡がる現代社会では、既にそんな空気が漂っている感じがしなくもない

 

ああ怖い、この雰囲気

 

f:id:s-giraffeman:20180804234313j:plain 

倒産(つぶれる)まで 19

はい、月初恒例の倒産ドキュメント、「つぶれるまで」

ではまず前回の結果報告から
その後、給料は無事入りました
ま、入ってなければ今頃会社を潰す活動に入って、その報告をしていた訳ですが
 
さて、今月の給料はどうかというと…
やっぱり入っておりません
取引先優先の結果でございます
どこまでもブレません、あのジジイは
 
社長に電話したら
「私に能力が無くて…」
なんてトンチンカンな言い訳を始めたので
「能力の有る無しじゃなくて、給料を払う気の有る無しなんじゃないですか」
と、これまたいつものやりとり
 

f:id:s-giraffeman:20180803065530j:plain

 
店頭商品は激減して新作どころか定番商品すらも無くなり、仕入れようにも金が無く、客注品ですら入荷するための金の工面に四苦八苦して、どうにか仕入れている状態だ
そんな中どうやって売上げを上げようっていうのか
 
にもかかわらず、ジジイは呑気に来年度の話まで始めやがった
さすがだな
このままで年越しなんかさせねぇぞ
…って分かってんのかな、あのジジイ
 
 
この前、客に「もう、つぶれそうですね、大丈夫ですか」なんて言われて、返しに困った
あんたは正直者だな
たとえそう思っても、口に出すんじゃないよ、大人なら
 
いや、独り言です…
 

我が家にはひとりの受験生がいます

うちの子は今、受験生だ

成績はお恥ずかしい限りで、この夏休み中に何とかしろよ、とは言っているが、そう簡単にはいかないことくらい、俺だって知っている
 
ま、近場の公立に入ってくれればな、くらいに思っていたのだが、我が地域ではそれすら難しいご時世になっているようだとはつゆ知らなかった
 
県下で最も高校が多い筈の県庁所在地に住んでいながら、地元に残れないとはどういうことなのか
それは勉強していなかったからです、という事に尽きるとは思うが、なんとなく腑に落ちない
 
なに理由は簡単、学区制が廃止となり、他所から優秀な子たちが押し寄せて来るので、うちの子のような劣等生は玉突き現象さながら遠い学校に行かざるを得なくなってしまう、という訳なのだ
時代の流れとはいえ、余裕のない家のバカな子供にはますます厳しい世の中になっているようだ(こんな親で申し訳ない…)
 
 

f:id:s-giraffeman:20180730223530j:plain

 
 
うちの子は現在陸上部で長距離をやっている
中学校に入るまで何もスポーツをやっていなかった事を考えれば、なかなかよく頑張っていると思う
高校に行ってからも続けたいそうだ(まさかそこまでとは…)
そうなれば尚更、近場の学校でないと大変じゃないか、おい
 
ところで、本人は最近まで志望校を市内のA高校にしていたのだが、ここに来て急に同じく市内のB高校にするという
A高もB高も同じくらいのランクのところだが、調べてビックリ、「えっ、今そんなにレベル高いの」と悶絶してしまうほど昔とは大違いとなっている
だってそこ元々そんなに勉強頑張らなくても入れるところだったよね…
う〜ん、市内残留はやっぱり厳しいかな
ま、そこはこの夏休みに頑張ってもらうとして…
 
で肝心の、A高からB高に変更した理由だが、A高校の陸上部はボウズ頭にしなければならないから、らしいのだ
しかし妻は昔からのA高校ファンなので、できたらそこへ入って欲しいらしく、「何、ボウズくらいで」とオカンムリだ
 
息子よ俺はその気持ちよ〜く分かるぞ
しかもA高校はほとんど男子校みたいなところじゃないか
俺だったらそんな学校(失礼…)、最初っから選ばないよ
それに比べてB高校は男女比が同じくらいだし、陸上部は髪型にうるさくないし、素晴らしいじゃないか
お父さんなら迷いなく、断然そっちを選ぶけどな
 
そんな訳だから、お母さんの説得は俺に任せろ
お前の行きたいところへ行くのが一番いいのだ
 
あとは勉強ちゃんとやれよ、お前
 
 

かわぐつとじどうしゃ ドレミファブックの思い出

世界文化社から出ていた『ドレミファブック』という、レコード付き絵本をご存知だろうか

調べたところによると昭和44年出版のようだ(当時俺は四歳だったということになる)

 

全21巻、レコードA面に童謡、B面に童話を収録

俺はこの『ドレミファブック』によって、多くの童謡を覚え、「長靴を履いた猫」、「泣いた赤鬼」、「バンビ」、「ちびくろサンボ」など有名な童話を知ったのだ

 

童話に関しては上記のような、古典的なものばかりでなく、例えば谷川俊太郎の「宇宙船ペペペペラン」などの新しい作品も含まれて、ちなみにその「宇宙船〜」はこのシリーズ中での傑作と言われているとか(いないとか)

 

俺はその「宇宙船〜」がどんな話だったのか全く記憶にない

絵本に描かれていた宇宙の不気味さしか覚えていないのだ

たぶん怖くて聴いてもいなければ、読んでもいないのだろう

そもそも「ペペペペラン」ではなく「ペペラペラン」だと思っていたくらいなのだ

今回この記事を書くためにネットで調べて初めて長年の誤りを訂正できた次第だ

 

まあそんな事はどうでもいい

なぜならこの『ドレミファブック』全巻中、俺の中での白眉は「かわぐつとじどうしゃ(革靴と自動車)」だったからだ

こればかりをひたすら繰り返し聴いていた

 

 

f:id:s-giraffeman:20180729002554j:plain

 

主人公「ぼうや」が家の靴箱の中の騒がしい音に気づいて開けてみると、中で戦争が行われていた(恐らくそこは異次元空間だ)

革靴国と自動車国が道路の覇権争いをしていたのだ

そこで「ぼうや」が仲裁に入るという話

 

今でもその歌や台詞をレコードそのままに、頭の中で鳴らすことができそうだ

 

(歌)

 

誰も知らない、ぼくの秘密

ぼくは魔法使いのお弟子だぞ

革靴国と自動車国の戦争だって消える魔法

“どけどけそこどけクルマが通る”

“お黙り新米、無礼なクルマ”

ぼくは二人に規則を教え

交通戦争、素敵な魔法で仲直り

ハウハウハウハウ

 

 

 

実際には完璧な脳内再生は不可能だが、でもレコードと一緒ならたぶん可能なんじゃないかと思っている

 

 

実はこの『ドレミファブック』、今はもう手元に無い

実家の新築の際に処分されたようなのだ

だからもう忘れた箇所を思い出す事はできないのだ

 

ヤフオクなんかにもたまに出てるようだが、全巻売りのため、簡単に出せる額じゃない

それに俺は「かわぐつとじどうしゃ」の巻が欲しいだけなのだ

ちょっと前に、単品で出ていたようなんだけど、残念ながらとっくに終了していた

取り敢えず誰かYouTubeにアップしてくれないかな

 

 

さて、この話のどこら辺が俺の心を刺激したのか、皆目見当もつかない

ストーリーだけ見ると、単なる交通ルールの教育ドラマなのだ

 

靴箱の中に、もう一つの世界が存在しているところなのか

いや、単純に歌が好きだったからのような気もする

 

 

(歌)

 

おまじない、おまじない、魔法のおまじない

(続く次の2小節がどうしても出てこない)

ドアを開けるとき、開けゴマ、ハッハ

パイポパイポのシューリンガー、シューリンガーのグーリンダイ

グーリンダイポンポコピーポンポコピーポンポコナー

たのしいときもポンポコナー、うれしいときもポンポコナー

おまじない、おまじない、魔法のおまじない

 

 

 

この童話は井上ひさし作だそうだ

 

 

(敬称略)

 

 

大岡昇平と堀辰雄

中央公論社「世界の文学」第9巻、スタンダールパルムの僧院』の月報で、深田久弥が「『パルムの僧院』の一場面」と題して、訳者である大岡昇平に絡めた一文を寄せている

それによると深田のフランス語の先生は二人いるという

一人は堀辰雄、もう一人は大岡昇平

堀はメリメの『カルメン』で、大岡はスタンダール恋愛論』をテキストに使ったという

 

ここでちょっと面白いのが、大岡昇平堀辰雄が大嫌いで、なんとそのことに触れた文章まで残している事だ

昭和28年に書かれた「わが師わが友」(『昭和文学への証言』所収)の中にそれはある

 

 (中略)しかし僕は堀辰雄の人も作品もきらいなのである。

 「聖家族」を雑誌で読み、ラジゲ*1のオウム的口真似に不快を感じて以来、堀の作品を読んでいない。二、三度銀座や追分で会った感じでは、空とぼけたいやな奴だった。

 (中略)王朝物、信州物なぞ、最近必要があってざっと読んだが、よくもこう臆面もなく、出鱈目が並べられたものだ、と呆れたのである。

 粧われた心だけが、粧われたらものに感服する、とむかし小林秀雄が言ったが、堀の作品と高級ミーハーの間の関係は、その標本みたいなものである。 

 

とまあこんな調子で、堀辰雄ばかりかそのファンまで叩き斬っているのは、やり過ぎじゃないのかとは思う

しかも堀が死んで間もない頃に、なのだ

現在ではとても考えられないが、それは現在から見れば、の話なのだろうか

ちなみに大岡昇平堀辰雄より五歳ほど年少である

 

f:id:s-giraffeman:20180727090017j:plain

大岡昇平(1909〜1988)

 

f:id:s-giraffeman:20180727090026j:plain

堀辰雄(1904〜1953)

 

思うに文学者はその昔、今とは違って野蛮人が多かったに違いない(特に悪い意味ではない)

30年くらい前までのロックミュージシャンや芸人みたいに

 

俺は大岡昇平のファンで、作品はまあまあ読んでおり、まだ読んでいない有名作は『レイテ戦記』くらいだが、肝心のそれを読んでないんじゃファンを名乗るのはどうかとも思われる向きもあろうけれども、まあそこは見逃してもらおう

一番面白いと思ったのは『俘虜記』

今年に入ってからは、たまたま雑文集を古本屋で見つけたので、それも読んだ(『証言その時々』と『昭和末』)

 

一方で、堀辰雄もよく読んだ頃があって、それは小説よりエッセイが主で、プルーストコクトーリルケは勿論だが、『ポルトガル文』や『アベラールとエロイーズ』などの書簡文学への興味を掻き立てられたのは、モロに堀辰雄の影響だ

また堀辰雄門下の福永武彦中村真一郎なども読んで、やがて文学史などというものに関心持つに至った

 

余談だが、この文学史への関心は本を読む原動力や推進力にはなったが、妙な不自由さを感じながら読むという悪影響もあったと思っている 

もっと自由気儘で良かったのだと気づいたのはだいぶ後の事だ

 

 

大岡昇平は八十近くまで生きたが、終生若々しい印象があったし、堀辰雄は五十近くまで生きたが、何となく早世したイメージがある

 

 

(敬称略)

*1:レーモン・ラディゲ